【ハウスメーカー坪単価一覧|プロが比較】違いが出るポイントはココ

お金・資金・税金 ハウスメーカー比較 不動産広告 情報収集 比較 計画・流れ 設備・オプション 資金計画・住宅ローン
マイホーム計画がすすんだら、一旦「タウンライフ家づくり」で情報をまとめておきましょう。
有名サイトですが、やはり便利です(おすすめ☆☆☆)

マイホーム計画で大切なのは「資金計画」です。

その資金計画の肝になるのが「ハウスメーカー選び」です。

なぜなら同じ30坪の家を建てるにも、依頼するハウスメーカーによって、こちらは2000万円、あちらは4000万円と、価格の差がとても大きいからです。

たいした予算もないのに「住友林業」の門をくぐり、大恥をかいて逃げるように店を去ったことは苦い思い出

このように、初期段階においては「積水ハウス」「タマホーム」など名前は聞いたことがあっても、「相談できる」予算や年収の水準まではわからないものです。

そんな時に、各ハウスメーカーの価格帯をおおむねで比較するのに便利なのが「坪単価」です。

今回はこの坪単価について、便利な「一覧表」をプロ評価と合わせて紹介してまいります。

スポンサーリンク




ハウスメーカーの坪単価のしくみ

ハウスメーカーの坪単価のしくみ

ハウスメーカーの坪単価の注意点

まずは、ハウスメーカーの坪単価のしくみを理解しましょう。

というのも、「坪単価」という言葉には法的な定義がなく、使う人によって金額に含むモノが違うからです。

うちは、坪単価70万円です。

というハウスメーカーに、2階建て30坪の建築を依頼するとします。

単純計算ならば、

坪単価70万円×30坪=2100万円

ですから、2100万円で家が建つと思いがちですが、あとあと総建築費用を計算したら3100万円だったという落とし穴があります。しかし、これは決して「悪徳業者だ!詐欺だ!」と騒ぎ立てるようなことではありません。

総建築費用とは、

「坪単価×坪数」+「諸費用や別途工事費」=総建築費用

であり、この「諸費用や別途工事費」を含めていないケースがほぼです。

→総建築費3000万円の場合のコストシミュレーションをチェック

注文住宅でかかる諸費用や別途工事費とは?

では、注文住宅でかかる諸費用や別途工事費を具体的に確認していきましょう。

諸費用

(200万円前後※物件価格の5〜8%が目安)

  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 火災保険料
  • 融資手数料
  • 司法書士報酬
  • ローン保証料
  • 印紙税
  • 消費税など
別途工事費
  • 給排水工事
  • 電気・ガス引き込み工事
  • 外構工事
  • 解体工事
  • 空調工事
  • 照明工事など

もっと詳しく→マイホームに関わる税金一覧

→「自己資金ゼロ」って言ったじゃん、という話

まだある「坪単価」の注意点

「坪単価」という言葉の注意点は他にもあります。

例えば、

  • バルコニー(ベランダ)の面積も坪単価計算に入れている
  • 消費税を計算に入れていない
  • 延べ床面積が広いほど計算上安くなる

などが挙げられます。

このように、ネット上やハウスメーカーの営業マンがいう坪単価は、計算した人や計算する延べ床面積によって額が変わります。

ですから、金額などを聞く際には「総建築費用はいくらになるか計算してほしい」という言い方が望ましいのです。ハウスメーカーの総建築費用を一括に比較できるタウンライフ家づくりなどを活用してもよいでしょう。

ハウスメーカーの坪単価の違いが出るポイントは?

ハウスメーカーの坪単価の違いが出るポイント

ローコストメーカーも登場し、坪単価の差が倍以上なんてことは当たり前です。

では、坪単価の高いハウスメーカーと安いハウスメーカーの「違い」はなんなのでしょうか?

ここで少し例を挙げておきます。

  • 工法(木造軸組、木質パネル、2×4・2×6、鉄骨造、RC造など)
  • 窓の性能(複層ガラス、アルミ樹脂複合サッシ・樹脂サッシ)
  • 間取り・設計の自由度
  • 耐震等級、制震・免震システムの有無
  • 外壁材などメンテナンス性や耐久性
  • 標準の住宅設備のグレード(キッチン、システムバス、洗面化粧台)
  • 断熱材(充填か吹き付けか、グラスウール・セルローズファイバーなど)
  • 換気システム(第1種換気か第3種交換、熱交換ありか)
  • アフターサービス、保証の内容と期間
  • 標準で省エネ創エネ住宅「ZEH」や長期優良住宅へ対応

などが挙げられます。

「安かろう悪かろう」とまでは言いませんが、おおまかに、高額になるほど住宅性能やグレードはあがると考えて良いでしょう。

しかし、自分に必要のない機能や設備にお金を払う必要もなく、予算との兼ね合いでどこまでこだわるかという判断が必要になります。

詳しくは、「ここだけはおさえたい!ハウスメーカー比較のポイント」にまとめましたので、ご覧ください。

また、1つのハウスメーカーに「ローコストプラン」や「ハイグレードプラン」などの規格商品ラインアップを用意していることが多く、幅広い価格帯に対応していることもあります。坪単価だけをみて諦めず、気になるメーカーは必ず話を聞きに行きましょう。

30万円台|ハウスメーカー坪単価一覧とプロ評価

坪単価30万円台ハウスメーカー一覧

坪単価30万円台ハウスメーカーの比較ポイント

坪単価30万円台のハウスメーカーは、

 

  • なぜ安い?ローコストの理由
  • 標準装備や間取り自由度のレベル

 

を比較するのがポイントです。

ローコスト化の手法として、

  • テレビCMなど宣伝広告費、モデルハウスの費用削減
  • スケールメリットを活かし、構造材・資材の大量発注でコスト削減
  • 工期の短縮や工事のマニュアル化で人件費の削減
  • デザインや間取り・住宅設備の選択候補を少なくする

などがあります。

一方で、

せっかくローコストメーカーにしたのに、間取りや設備を追加など「こだわり」すぎてしまい、結果的にワンランク上のハウスメーカーと坪単価が同じになった。

注文住宅なのに、設備の選択肢や間取りの自由度が少なく、どこにでもあるようなマイホームになってしまった。これなら建売の方が安くてよかった

という失敗談も多数あります。

また、人件費削減のため社員が少数制である場合が多く、対応が遅くなる可能性も否定できません。加えて、施主側もある程度勉強し、自分で進めていくくらいの覚悟を持っておかないと思わぬ落とし穴にハマることも。

アフターサービスへの過剰な期待も禁物です。

安さと、アフターフォローに期待したいなら工務店に依頼するという手段も断然ありです。ただ、大手の安心感は薄くなりますし、どの工務店がいいのかの情報が少なく、口コミ評判などをよく調べる必要があるでしょう。

坪単価30万円台ハウスメーカーのプロ評価

※「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本2020-2021」によるプロ評価

飯田グループホールディングス

飯田グループホールディングスのプロ評価
施工精度2/5
設計の自由度2/5
営業スタッフ2/5
コスパ満足度5/5
アフターサポート1/5
営業エリア全国
施工棟数2019年約4万6000戸
特徴
  • 低価格の代表格メーカー
  • 大手ならではの着工棟数、スケールメリットを活かした資材コスト発注管理で低価格を実現
  • 土地の仕入れにも強みあり
  • 間取りや建材の種類を絞ることで、2ヶ月という短い工期を実現。建築費の半分とも言われる人件費の削減に成功
プロの口コミ・評判
  • グレードアップなどオプションを追加しなければ価格は良い
  • 少数社員で管理しているため、アフターフォローは手薄がち

→飯田グループホールディングスをもっと詳しくチェック

タマホーム

タマホームのプロ評価
施工精度2/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ2/5
コスパ満足度5/5
アフターサポート2/5
営業エリア全国
施工棟数約9000戸
特徴
  • ローコストメーカーの中では、標準の設備・資材のグレードが高く、種類も豊富
  • 独自の流通システム・大量仕入れでコストカットを実現(トレーサビリティーも)
  • CMによる知名度の高さがある
プロの口コミ・評判
  • 低価格は魅力だが、付帯工事費・設計施工管理費・保証費用は含まれていないので注意。トータル費用を考慮し、他社比較も入念に

→タマホームをもっと詳しくチェック

アイフルホーム

アイフルホームのプロ評価
施工精度2/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ2/5
コスパ満足度5/5
アフターサポート3/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数約4650戸
特徴
  • 良心的な価格の規格住宅が基本。豊富な巨大FCチェーン
  • 全国フランチャイズチェーン(全国約250の工務店)のスケールメリットでローコスト化を実現
  • 追加オプションや間取りなどでこだわりを出すとコスト高になりがち
プロの口コミ・評判
  • 技術力や施工能力は各FCの実力次第でバラツキも
  • 近隣に加盟店が複数あるなら比較検討は必須

→アイフルホームをもっと詳しくチェック

40万円台|ハウスメーカー坪単価一覧とプロ評価

坪単価40万円台ハウスメーカー一覧

坪単価40万円台ハウスメーカーの比較ポイント

坪単価40万円台くらいになると、各ハウスメーカーで差別化を図ってきます。ローコスト化を図りつつ、その分をセールスに繋げやすい「こだわり」や「特徴」として打ち出します。

比較ポイントは、

 

  • 住宅設備などの標準グレード
  • 構造材へこだわり、より強固な建築
  • 輸入住宅などコンセプト

 

など、それぞれのハウスメーカーが色を出してきていますので、あなたがどこに重きを置いているかで比較しやすい価格帯とも言えます。

ローコストもマイホームへのこだわりも諦めたくないという方におすすめの価格帯です。

坪単価40万円台ハウスメーカーのプロ評価

※「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本2020-2021」によるプロ評価

アキュラホーム

アキュラホームのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度4/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート3/5
営業エリア全国
施工棟数約1600戸
特徴
  • ローコスト住宅のパイオニアでありつつ、「AQレジデンス」など高級住宅まで手がける
  • 全国工務店ネットワーク「ジャーブネット」の運営母体
  • 全国2700社が導入する「アキュラシステム」の構築でローコストを実現
プロの口コミ・評判
  • 直営店と加盟店で対応・施工に差が生じる
  • 直営店の社員教育は充実しているが、加盟店に依頼する場合は要比較検討

→アキュラホームをもっと詳しくチェック

桧家住宅

桧家住宅のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート3/5
営業エリア東北、関東、長野、東海など140箇所
施工棟数1932戸
特徴
  • 年中快適な全館空調・冷暖システム「Z空調」が特徴
  • 高気密高断熱「Wバリア工法」で省エネを実現
プロの口コミ・評判
  • 2011年からの新しいビルダーゆえ、営業スタッフの住宅知識・対応にばらつきあり
  • 2018年東証一部上場で勢いのある会社
  • 高断熱が売りの空調「Z空調」は評価が高く1万棟を突破

→桧家住宅をもっと詳しくチェック

富士住建

富士住建のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ2/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート2/5
営業エリア関東
施工棟数870戸
特徴
  • 「完全フル装備の家」と銘打ち、標準の住宅設備の充実度が高い
  • 見た目の安さより、必要設備をあらかじめ盛り込んだ価格表示
  • 充実度が高くわかりやすいパッケージプランでユーザーに正直な印象
プロの口コミ・評判
  • 別途オプションいらずの標準仕様で価格に対する満足度は高い
  • 現場監督・協力会社の対応への不満が上がっている

→富士住建をもっと詳しくチェック

セルコホーム

セルコホームのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度2/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート3/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数約1000戸
特徴
  • 輸入住宅全国供給No.2
  • デザイン性が高い
  • カナダで部材の製造を実施することでローコスト化を実現
  • フランチャイズチェーン方式で全国に展開
  • 2×6工法によるカナダの輸入住宅ならではの高断熱・高気密性能が寒冷地東日本エリアで人気
プロの口コミ・評判
  • FCなので加盟店によって施工やデザインの実力にバランスがある
  • 価格に対して、高級なイメージがあり満足度が高い。レンガ造りの家も適正価格を実現

→セルコホームをもっと詳しくチェック

木下工務店

木下工務店のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート2/5
営業エリア東北、関東
施工棟数2016年870戸
特徴
  • 直営施工を貫き、狭小地・変形地にも対応可能な施工力が売り
  • 木造軸組工法・2×4工法から最適な工法を選択可能
  • 柔軟な設計力でユーザーのニーズに応える
プロの口コミ・評判
  • こだわりの施工力に満足する声がある一方、期待値が高いだけに施工や補修対応の遅さに不満を持つ施主も

→木下工務店をもっと詳しくチェック

古河林業

古河林業のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート2/5
営業エリア東北、関東、中部
施工棟数2015年300戸
特徴
  • 秋田・宮城・三重に自社林を保有し、高品質な国産木材管理・低価格化にこだわりを持つ
  • 一般的な木材住宅の1.5倍の木材を使用する頑丈な建築
  • 最多価格帯は70万円台だが、標準仕様は40万円台
プロの口コミ・評判
  • 営業スタッフの真摯な対応が良い
  • 設計・デザイン力はやや弱い印象なので、施主自ら要望や提案をできるなら○

→古河林業をもっと詳しくチェック

50万円台|ハウスメーカー坪単価一覧とプロ評価

坪単価50万円台ハウスメーカー一覧

坪単価50万円台ハウスメーカーの比較ポイント

坪単価50万円台のハウスメーカーともなると、技術や間取りの自由度、標準装備のグレード、アフターフォローまで一定のクオリティが当たり前になってきます。

この価格帯は、良いメーカーを選ぶだけでなく、消去法も用いて比較していきましょう。一定レベルを満たしていないメーカーは早めに見切りをつけましょう。

また、よりコンセプトを強く打ち出すメーカーも台頭してきますので、世界に一つだけのマイホームを表現することも可能です。

一方で、そこまで必要でもない設備まで込み込みの料金になっている場合もあり、40万円台のメーカーにした方がその後の生活が豊かになることもありますのでしっかり比較をすべきです。

これから家を建てる人には魅力的なセールスポイントも増えてくるのがこの価格帯です。

 

  • 高気密高断熱
  • 地震に強い
  • こだわりの工法
  • 住宅設備がハイグレード

 

などなど、打ち出すコンセプトをよく理解し、注文住宅だからこそのマイホームを手に入れましょう。

坪単価50万円台ハウスメーカーのプロ評価

※「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本2020-2021」によるプロ評価

住友不動産

住友不動産のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート3/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数2018年7900戸
特徴
  • 戸建てだけでなく、ビルやマンションのノウハウも併せ持つ
  • オフィスビルや分譲マンションのデザインや部材を取り入れている
  • 商品力が高く、多種多様な住宅を提案
  • スタンダードからハイグレードまでの商品が主力
  • 都市型住宅「J・URBAN」が若者世代に人気を集めている
プロの口コミ・評判
  • 高級マンションの設備を標準仕様にしているため、価格に対する満足感が高い
  • マンション事業との一括仕入れにより、設備が割安で充実している

→住友不動産をもっと詳しくチェック

ミサワホーム

ミサワホームのプロ評価
施工精度4/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数2018年6508戸
特徴
  • 耐震・制振性に優れたオリジナルの高強度「エムジオ」工法
  • 木質パネル接着工法で、高い強度を実現
  • 南極観測基地を手がけたという打ち出しで寒冷地で人気
  • 北海道ではトップシェア
プロの口コミ・評判
  • 何と言っても「蔵のある家」が有名。大きな収納スペースが人気
  • 技術力、デザイン力が高く、長く住み続けられる家を供給

→ミサワホームをもっと詳しくチェック

ヤマダホームズ

ヤマダホームズのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数1736戸
特徴
  • ヤマダ電機グループの住宅事業
  • オール電化やパッケージ商品が人気で、最新設備によるスマートハウスも手がける
  • 集成材を用いた木質パネル工法の規格住宅が主力商品の一方、和テイストの強い注文住宅も
  • コスパ良で最近話題の「ネット販売住宅」にも参入
  • リフォーム事業の評価も高く、末長く付き合える
プロの口コミ・評判
  • ヤマダ電機グループの力を集結し、必要な設備がまるごと揃った「スーパーフル装備住宅」に注力
  • 熟練の営業マンが多く、スタッフの口コミ評判が良い

→ヤマダホームズをもっと詳しくチェック

東急ホームズ

東急ホームズのプロ評価
施工精度2/5
設計の自由度2/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート2/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数2010年1513戸
特徴輸入住宅、北米住宅を首都圏を中心に展開

北米のノウハウを活かした全館空調採用の高気密高断熱が得意

昨今は、ホテルや医療機関などの設計施工も手がける

2020年4月、株式会社東急Re・デザインに事業移管

プロの口コミ・評判
  • 輸入住宅を検討しているならぜひ候補に入れたいメーカー
  • オーセンティックな輸入部材を取り揃え、デザイン性の高さは○
  • デザイン以外の決定打に欠ける

一条工務店

一条工務店のプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度1/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート3/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数2018年1万2000戸
特徴
  • スローガンは「家は性能」
  • 国産無垢の4寸柱を採用した「在来工法」と、2×6(枠組壁工法)工法「i-cube」の二つの工法から選択可能
  • 施工棟数1万棟の実績で、価格帯も幅広くカバー
  • 免震技術、高断熱高気密の技術開発に注力
  • 住宅設備まで自社生産し、コストダウンを実現
  • 超断熱を活かした全館床暖房もウリ
プロの口コミ・評判
  • コスト削減のために、仕上げや住宅設備まで自社のものを採用しているため、標準の枠内であれば良コスパ。こだわり過ぎは費用高に直結するので注意。

→一条工務店をもっと詳しくチェック

日本ハウスHD

日本ハウスHDのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度4/5
アフターサポート3/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数1481戸
特徴
  • 建築において信頼のあるヒノキを構造体に採用した木造にこだわる
  • 使用する木材を山から選べる「木魂祭」
  • 和テイストの注文住宅が得意
  • エリアの工務店を準社員扱いとする「棟梁システム」を採用し、技術力を底上げ
  • 特に東北エリアでの知名度が高い
  • 2020年からはバーチャル展示場も実施
プロの口コミ・評判
  • 太陽光発電やオリジナルの制震装置など機能的な標準装備が充実
  • 機能性の高い住宅は、同価格帯のハウスメーカーの中でもコスパ満足度が高い

→日本ハウスHDをもっと詳しくチェック

80万円台|ハウスメーカー坪単価一覧とプロ評価

坪単価80万円台ハウスメーカー一覧

坪単価80万円台ハウスメーカーの比較ポイント

坪単価80万円を超えてくると間取りの自由度も快適さも安全面もアフターサポートも、充実していて当たり前のメーカーのみが残ります。

その上で比較するポイントは、

 

  • 建てた後の暮らし
  • つき抜けたコンセプト

 

となります。

圧倒的デザインセンスの「三井ホーム」、設計力と提案力で木造住宅最高峰の「住友林業」、北欧住宅の代表格「スウェーデンハウス」、断トツの安心と高メンテナンス性の「旭化成ホームズ」、高級住宅専門「アーネストアーキテクツ」などなど。

各パートで突き抜けたコンセプトがあるので、一番比較しやすい価格帯とも言えます。営業マンの知識量も、自社へのプライドもありますので、胸を借りつつ情報を収集・比較検討していきましょう。

坪単価80万円台ハウスメーカーのプロ評価

※「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本2020-2021」によるプロ評価

住友林業

住友林業のプロ評価
施工精度4/5
設計の自由度5/5
営業スタッフ4/5
コスパ満足度2/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数2019年7608戸
特徴
  • 提案力の高い、木造住宅メーカーの代表格
  • 高強度の耐力壁「きづれパネル」を採用するなどで標準で耐震等級最高の3を実現
  • 建物内部の梁や柱を少なくし、強度を保ったまま間取りの自由度を高くする「ビックフレーム構法」は、オプションながら比較的割安で採用可能
  • ビルトインガレージなど、木造では難しかった大開口の構造も採用可能
プロの口コミ・評判
  • 設計力も高く、高級木造住宅を検討するなら候補に入れたい
  • 契約前から敷地調査を行うなど、丁寧な対応に満足度も高い
  • 主にハイエンドな木造住宅を供給するメーカー

→住友林業をもっと詳しくチェック

ダイワハウス

ダイワハウスのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度4/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度2/5
アフターサポート3/5
営業エリア全国
施工棟数8716戸
特徴
  • 鉄骨造と木造の両方を手がけ、高い天井など開放感ある空間設計やバランスのとれた家づくりが魅力
  • 鉄骨造のメイン商品「XEVO(ジーヴォ)」シリーズは、鉄骨造・外張り断熱通気外壁、防犯対策、地震対策、太陽光発電を盛り込み好調
  • IoTなどの導入にも注力
プロの口コミ・評判
  • 知名度、ブランド力に一定の信頼感はあるものの、営業・施工スキルに差があるのが懸念材料

→ダイワハウスをもっと詳しくチェック

積水ハウス

積水ハウスのプロ評価
施工精度4/5
設計の自由度4/5
営業スタッフ5/5
コスパ満足度2/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数1万3294戸
特徴
  • 幅広い商品ラインアップで、商品力の高さで圧倒
  • 近年はスマートハウスで他者をリード
  • 鉄骨造、木造、そして分譲アパートと幅広く展開し、販売戸数は年間6万棟前後で飛び抜けた実績
  • 企業好感度、認知度も高い安心感で住宅業界のトップを走る
プロの口コミ・評判
  • 質・量ともに上級で、クオリティの高さは群を抜くものがある
  • ブランドの持つ安心感を買う施主も

→積水ハウスをもっと詳しくチェック

三井ホーム

三井ホームのプロ評価
施工精度4/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ4/5
コスパ満足度3/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数4487戸
特徴
  • 2×4工法の先駆けで、同工法を検討しているなら候補に入れたい
  • 洋風のデザイン性の高さはハウスメーカーの中でも定評あり
  • 外部の専門家に委託しプラン設計を行うこだわりが、高所得者層に人気の確かな提案力を生んでいる
  • 木造住宅では数少ない「木造耐火建築認定」を取得
プロの口コミ・評判
  • 2×4工法、高いデザイン性と提案力は、予算さえあれば心強いが、坪100万円以上もありうる
  • デザインや設備も豊富に揃え、幅広いニーズに対応
  • 比較的リーズナブルに抑えた規格住宅もセンス○

→三井ホームをもっと詳しくチェック

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)のプロ評価
施工精度4/5
設計の自由度3/5
営業スタッフ5/5
コスパ満足度2/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数1万8220戸
特徴
  • ヘーベルハウスでおなじみの都市型住宅に強みを持つメーカーで、熱狂的なファン「ヘーベリアン」の存在も話題
  • 60年以上の耐久力を持つ「ALCパネル」が売り
  • 30年間メンテナンスフリーをうたい、ALCパネルなど、メンテナンス性を高める提案力に定評があり、長寿命、建てた後のコスパに優れる
  • 保守・点検費用を明確に提示するなど費用面での透明感に好感
プロの口コミ・評判
  • 機能面、デザイン面に理論的な追及を続けており、価格と価値に理解を持つ男性ファンが多い
  • 一方、無骨すぎる印象をどう受け止めるかがカギ

→旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)をもっと詳しくチェック

パナソニックホームズ

パナソニックホームズのプロ評価
施工精度3/5
設計の自由度4/5
営業スタッフ3/5
コスパ満足度2/5
アフターサポート4/5
営業エリアほぼ全国
施工棟数5090戸
特徴
  • 3階建て以上の多層階住宅に強いパナソニックの系列メーカー
  • 境界ギリギリまで建築できる強みを生かし、狭小地での建築にも強みを持つ
  • 快適・省エネ空調など、設備や電化製品はもちろん、ドアや床なども関連会社の製品でまとめられる
  • 大型パネル構造(プレハブ工法)や重量鉄骨造(ラーメン構造)の戸建て住宅や賃貸住宅が主力商品
  • 得意分野を活かした、賃貸兼用住宅も
プロの口コミ・評判
  • 水回りや住宅設備が充実し女性に人気が高い
  • 直営店と代理店でスキルの差がある
  • 太陽光発電を採用した「オール電化の家」にも注力

→パナソニックホームズをもっと詳しくチェック

ハウスメーカーを上手に比較する方法

ハウスメーカーを上手に比較する方法

ということで、ここまでハウスメーカーを特徴・プロ評価と合わせて紹介してまいりましたが、最後にハウスメーカーを上手に比較する方法を紹介します。

 

  1. 自分たちのこだわりとハウスメーカーとの相性を知る
  2. 価格、自由度、標準装備、アフターの4つは絶対に比較
  3. 1社だけでなく複数社を検討する(間取りプランや価格を競合させる)
  4. 営業マンのスキルや知識=その会社のレベルと決めつけない
  5. モデルハウスに行き、体感する
  6. カタログやパンフレット請求は積極的にする

 

とくに住宅メーカーのカタログは、

各メーカーが丁寧に作成した「マイホームの教科書」
自慢の「インテリアや外観デザイン集」
住宅トレンド満載の「情報誌」

ですから、気になるメーカーの分は確実に手に入れましょう。

マイホーム関連の資料の一括請求をする方法はいろいろあります。

  • 雑誌「housing」
  • SUUMO
  • ライフルホームズ
  • タウンライフ家づくり

などです。

どれも有名ですし、どこから請求しても届くカタログは同じですから、好みで選んでしまってよいでしょう。ただ、より具体的な比較検討をするならば「タウンライフ家づくり」が良いでしょう。

ここでの資料一括請求はカタログはもちろん、あなたの要望から各メーカーの

  • 間取り
  • 資金計画

まで提案してもらえます。

各ハウスメーカーの「間取りセンス」「得意分野・特徴」があり、それが「予算いくら」で建つのか、横並びで比較できるので便利です。「注文住宅のカタログ活用術」も、ぜひご参照ください。

それでは。

スポンサーリンク
【マイホーム購入の流れ】注文住宅情報サイト|失敗しない家づくり

コメント

タイトルとURLをコピーしました