【工法の種類と特徴】木造・鉄筋コンクリート・2×4工法・鉄骨造

建売住宅物件を探しをしている方も、これから注文住宅の建築会社探しを検討している方にも、ぜひ知っておいて欲しいこと。

それが「工法」です。

工法とは「家を建てる技術」のことで、その種類はいまや多岐にわたり、古来より主流な木造ばかりではありません。

実はこの工法は、「ハウスメーカー」や「工務店」によって採用しているものはまちまちなのです。

マイホームをどんな工法で建てるのかを考える際にも、そしてどこの建築会社に依頼をしようかと考える際にも、比較検討の良い材料になりますので、ザックリとでも良いので頭に入れておきましょう。




スポンサーリンク

工法の種類は?

それではさっそく、工法について種類や特徴を確認をしていきましょう。工法は、大きく分けて4つに分類されます。

  • 鉄骨造(S造)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)
  • 木造軸組工法
  • 2×4工法(木造パネル)

他にプレハブ工法というものもありますが、戸建て建築の多くは上記の4つのいずれかを採用しています。

それではその4つについてそれぞれ確認をしていきます。

鉄骨造|工法の種類と特徴

鉄骨造|工法の種類と特徴

鉄骨造とは、家の柱や梁を重軽量の鉄骨で作る工法です。木材より強度のある鉄骨を柱などに採用しますので、その本数が少なくて済みます。

すると、木造よりも柱を置く場所の選択肢が広がりますので、必然的に間取りの自由度が増すというメリットが出てきます。

主な種類は、

  • 重量鉄骨ラーメン工法
  • 軽量鉄骨ユニット工法
  • 軽量鉄骨軸組工法

の3つです。

鉄骨造(S造)の種類と特徴
工法の種類特徴
重量鉄骨ラーメン工法
  • 「ラーメン」はドイツ語で「枠」を意味します。
  • 重量型鋼材の柱と梁をボルトで固定後、接合部を完全に接合します。
  • 柱と梁のみで構成されているため、開口部や大空間の確保が可能です。
軽量鉄骨ユニット工法
  • 工場生産されたユニット単位の部屋、またはスペースの一部を現場で組み立てます。
  • 軽量鉄骨と組み合わせるパネルには、フネンパネル、ALC系パネルがあります。
軽量鉄骨軸組工法
  • 木造軸組工法の骨組みを軽量鉄骨に置き換えた工法で、一般にプレハブ工法とされます。
  • 筋交いには丸い鋼材(ブレース)を用います。品質が一定していて、耐震性、耐久性に優れます。

鉄筋コンクリート造|工法の種類と特徴

鉄筋コンクリート造|工法の種類と特徴

 

鉄筋コンクリート造は、鉄筋を組み、型枠で囲ってコンクリートを流し込む工法です。耐火性や耐久性に優れる反面、木造に比べてコストは高くなります。また、建物の重量を耐力壁で支えるために間取りやレイアウトの変更、窓などの開口部の変更といったリフォームが難しいというデメリットもあります。

  • 鉄筋コンクリートラーメン工法
  • 鉄筋コンクリート壁式工法

の2種類があります。

鉄筋コンクリート造の種類と特徴
工法の種類特徴
鉄筋コンクリートラーメン工法
  • 鉄筋コンクリートの梁と柱で構成する工法で、設計の自由度が高く広い開口部や大空間も可能です。
  • 室内に柱や梁の出っ張りが見えるケースが多くなります
鉄筋コンクリート壁式工法
  • 鉄筋コンクリートの壁と床により構成する工法です。
  • 柱や梁の出っ張りがないので室内がすっきりします。

木造軸組工法|工法の種類と特徴

木造軸組工法|工法の種類と特徴

木造軸組工法は、柱や梁などを木材を組み合わせて筋かいを作る、古来よりある伝統工法です。住宅建築では最も多い材質で、強度の割に軽く、調湿作用もあります。

他の素材に比べて安価である上に、選ぶ木材によっても価格が違います。

木造の種類には、

  • 木造軸組工法
  • 木質パネル工法

の2種類と、後ほど紹介する2×4工法があります。

木造の種類と特徴
工法の種類特徴
木造軸組工法
  • 日本の伝統的工法で、多湿な風土に適します。木材で作った土台・柱・梁などを軸とした骨組みで、屋根など上からの重みを支えます。水平(横方向)の力には、壁に入れた筋交いで抵抗します。
木質パネル工法
  • 複層・強化された木質パネルで作った6面体(床・壁・天井)の耐力壁で荷重を支えます。

2×4工法(木造パネル)|工法の種類と特徴

2×4工法(木造パネル)|工法の種類と特徴

2×4工法(木造パネル)は、枠組材(2インチ×4インチ)と構造用面材によって、6面体(床・壁・天井)を構成させ、全荷重を木質の耐力壁で支える工法です。もともとは北米で発達し、普及した工法です。

部材と合板で床・壁・天井を作り、箱状の空間を左右につなげ、上下に組みます。

歪みにくいとされる6面体構造なので、耐震性、耐火性、気密性に優れる反面、大きな開口部を設けたり、角部分の開口部の確保に制限が出る場合もあります。

ユニット工法|工法の種類と特徴

昨今では、「各部屋」「階段」「玄関」などを全てユニット単位で工場生産し、それを現場で組み立てるユニット工法というものも出てきました。

ほとんどの工程を工場内で行うため、工期の大幅短縮が可能です。

マイホーム建築の口コミで取り沙汰される、「大工の技術による差」が生じにくく、性能や技術のレベルが保たれるというメリットもあります。

木造軸組工法に決めた理由

様々な工法のメリットやデメリットを知った上で、私は木造軸組工法を選択しました。

日本の気候と建物の歴史

理由の1つ目は、1000年以上の歴史を持つ建造物が木造軸組工法により作られ、そして今もどっしりと存在しているという事実です。当時、鉄骨造などという選択肢がなかったのは言うまでもありませんが、高温多雨多湿という特殊な気候の日本において歴史を刻んできた建築物、伝統工法を信じようと思ったからです。

木造の強度

2つ目の理由は、強度です。意外に思えるかもしれませんが、じつは木材は軽量で非常に強度が高い素材なのです。鉄やコンクリートと比較した場合、「引っ張り比強度」「圧縮比強度」の強度比較において、圧倒的に木材が強いことが証明されました。そして、この2つの強度は、地震大国日本においては非常に重要なポイントなのです。

断熱性の高さ

3つ目の理由は、断熱性です。熱伝導率によって決まる物質の断熱性は、「木」「コンクリート」「鉄」のいずれが優れているかは想像にたやすいかと思います。真冬に、あるいは真夏に「木」「コンクリート」「鉄」を直接触ってみてば、温度変化が少ない物質がどれなのかは子供でもわかるでしょう。断熱性比較実験においても、他の2物質を圧倒的な差で優れていることを証明しました。

耐火性

4つ目の理由は、木は一定以上の厚みがあれば、炭になるだけで燃えないという事実です。木造にするにあたり、1つだけ心配だったのが火事でした。しかしそれは素人の短絡的な発想で、よくよく調べてみると、条件を満たしている木材はむしろ「高耐火」な素材だったのです。

リフォームの自由度

その他、木の香りも好きでしたし、壁や屋根などの荷重を支える工法であるため設計の自由度が高く、増改築等のリフォームがしやすい点も木造を選んだ理由です。

建築会社・ハウスメーカーは工法で選ぶ

昨今の建築会社やハウスメーカーは、耐震性能や省エネ性能はどれもほぼ横並びです。ですから、結局どこがいいのかが顧客にはわからなくなってしまっています。

そこで、今回紹介した工法のそれぞれの特徴や、メリット・デメリットをおさえ、工法から絞込みをするという方法もあります。

  • 将来リフォームしやすい家
  • 丈夫な家
  • コストを抑えられる家

などなど、自分の描いたマイホームを実現できる工法はどれなのかを検討しましょう。

ある程度絞り込んだら、まとめてカタログを請求し、本格的な比較検討で決定していきましょう。

カタログ一括請求のおすすめはタウンライフ家づくりです。(→マンションはこちら

工法だけでなく、間取りプランや資金計画のシミュレーションまで、メーカーごとに一括比較をしてくれるので「自分の理想のマイホームは一体いくらなのか」が具体的にみえて便利です。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは。