【外壁|種類比較】機能・価格・メンテナンス性・工法

マイホームの見た目を大きく左右する外壁は、ついついデザインやカラーで選んでしまいがちですが、これから何十年と雨風にさらされて頑張る外壁は機能も重視すべきです。

なにも考えずに選択すると、外壁は10年から15年に一度再塗装工事のためのコストが必要になってきます。

それだけでなく、

  • 耐火性(火の延焼を防ぐ)
  • 遮音性(外から、内からの音)
  • 耐候性(雨や風への耐性)

など、外壁の機能によって修繕費のコストパフォーマンスを向上したり、安全な家や、快適な暮らしを実現できたりします。




スポンサーリンク

外壁の種類と特徴比較表

それではまずは、外壁にはどのような種類があるのか、そしてそれらの価格や機能面を確認しましょう。

外壁の種類と特徴比較表
種類価格種類数耐衝撃耐火施工メンテナンス

サイディング

窯業系

サイディング

金属系

塗壁

モルタル

タイル×
×

では、これらの機能や特徴を一つ一つ紹介していきます。

【サイディング】外壁の機能比較

【サイディング】外壁の機能比較

サイディングは、外壁材として近年最も一般的なものです。セメントなどの原料を釜で圧力をかけながら高温で成形し、それを養生してつくられます。

成形のときに型を付けることで「タイル風」「石積み」など、さまざまなデザインを施します。

16mmほどの板状になっていて、軽量で耐久性も高く比較的安価でできます。金属でできたガルバリウムなどバリエーションも豊富です。

  • デザインが豊富
  • 比較的価格が安い
  • 耐火性・遮音性・耐震性に優れている

というメリットの反面、熱を溜め込みやすいことや、サイディングそのものよりも継ぎ目のコーキングがひび割れや、痩せて隙間がでてくるので、5〜15年でメンテナンスが必要という一面もあります。

一般的に、窯業系サイディングと呼ばれますが、最近は機能面も充実し、

  • 表面にシリカ(Si)やフッ素などの水蒸気を吸着する機能をもつ物質を塗布した「親水性サイディング」
  • 酸化チタンなどの紫外線を受けることで有機化合物を分解する機能をもつ物質を塗布した「光触媒サイディング」
  • 鉄やアルミニウムなどの板材に、発泡系樹脂断熱材を補強材として成形された「金属系サイディング」

など種類も豊富で、雨や太陽光をによって美しさを保つ商品が人気です。

「ニチハ」や「ケイミュー」などの会社が有名で、1㎡あたり3000円〜10000円が相場です。

【モルタル+塗材】外壁の機能比較

【モルタル+塗材】外壁の機能比較

セメントと砂を混ぜたモルタルを下地に、漆喰や珪藻土、樹脂素材などを塗装します。

コテさばきにより、塗り方によっていろんな表情を作ることができるため、外観に個性を出したい方に人気ですが、職人の腕によるところが大きいので注意です。

  • 温かみのある仕上がりになる
  • つなぎ目のない外壁にできる
  • 耐震性・耐火性・耐久性が高い

というメリットの反面、ひび割れしやすい、防水性に難あり、といった一面もあります。

ラス張りと下地・仕上げモルタル塗りで、塗り厚20mm程度とした場合、1㎡あたり4500円~ですが、厚みによってかなり値段は変動します。

【コンクリート】外壁の機能比較

【コンクリート】外壁の機能比較

モダンな雰囲気を出せるコンクリート打ちっ放し外壁は、デザイナーズ住宅でよく用いられます。遮音性や耐火性に優れていて、形状も自由ですが、断熱性には期待できず、夏は暑く、冬は寒くなりがちです。

しかし、その断熱性の問題を解決したのがALC(軽量気泡コンクリート)で、ヘーベルハウスが採用していることで知られます。

ALCであれば、耐久性・断熱性・耐火性・耐震性に優れているのですが、コストが高いことと、塗装仕上げをしないと防水性に欠けます。

1㎡あたり8000円〜が相場です。

【タイル】外壁の機能比較

【タイル】外壁の機能比較

タイルの外壁は耐候性や耐火性、耐久性に優れているのが特長です。タイルを外壁に選ぶメリットは、独特の表情を出すことができることです。

タイルとは、粉砕した粘土、各種の鉱物を混ぜて板状に成形し、焼成したものです。モルタルの上に貼る工法、下地パネルに掛けて止め付けるなどがあります。

下地や施工の手間も含めて、1㎡あたり9000円以上と、価格は高めですが、耐久性に優れますのでメンテナンス費用は比較的安く済みます。

イニシャルコストが高い点や、地震が起こった際の剥離などが欠点と言えます。

外壁の目安価格で比較

外壁の価格は、どんな種類にするのか、職人の腕、厚みによってかなり変動しますので、あくまで目安での紹介ですが、参考にしてみてください。

外壁面積は、40坪ほどの住宅でおよそ130㎡が目安となります。

外壁の価格で比較
外壁の種類目安価格(1㎡あたり)
サイディング3000円〜
モルタル+塗材4500円〜
コンクリート8000円〜
タイル9000円〜

外壁の工法で比較

外壁の工法には乾式工法と湿式工法とがあります。

外壁の工法比較
乾式工法湿式工法
  • 外壁材を釘やネジ、ボルトなどで取り付ける
  • 商品の品質が一定
  • 比較的安価
  • 工期が短い
  • 水を使って練り混ぜた材料を外壁に塗って乾燥・硬化させる
  • 個性的な仕上がり
  • 比較的高価
  • 工期が長い
  • サイディング
  • タイル
  • 塗壁
  • モルタル
  • コンクリート
  • タイル

外壁のメンテナンス・補修で比較

初期費用が安いからと飛びつくと、メンテナンスや補修時期が来たときに結局張り替えで割高になってしまうこともあります。

→外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら

外壁のメンテナンス性もチェックしましょう。

外壁のメンテナンス・補修で比較
外壁の種類メンテナンス期間
サイディング10年〜15年(再塗装工事)
モルタル+塗材ひび割れや汚れがあった際に塗り直し
コンクリート目安10年毎に表面塗装のメンテナンスのみ
タイルコーキング材やタイルの剥離がなければほぼ不要
  • 屋根が壊れた
  • 外壁にヒビがはいった
  • 雨どいが割れた

それ、火災保険で直せるかもしれません。無料調査を依頼してみる。

まとめ|外壁の種類比較

ということで、ここまで外壁の種類について機能や価格、メンテナンス性について比較して参りましたがいかがだったでしょうか?

デザイン性も大事ですが、機能を重視することでこれからの暮らしも大きく変わります。

外壁で悩んだ際はぜひお役立てください。

外壁リフォームを検討中の方は、ぜひタウンライフリフォーム をチェックしてみてください。費用やリフォームプランを一括比較できて便利です。

それでは。




スポンサーリンク

シェアする