【窓ひとつで家の快適さは大違い】サッシとガラスの種類と特長を知る

まずはじめに、私のようにマイホーム情報を「調べすぎ」て、逆にだんだん「わからなく」なってしまった方に「タウンライフ家づくり」「LIFULL HOME’S 住まいの窓口」をおすすめしておきます。有名なサイトですが、一旦情報をまとめるのに便利です。

さて、

前回は窓について、おもに開閉方向による性能や特長の違いを紹介してまいりました。

そこで今回は、さらに窓の性能と密接な関係を持つ、サッシ・窓ガラスの特長と性能を紹介してまいります。

「自分が家を建てる時にこれを知っていれば、もっと快適なマイホームにできたかもしれない」と悔やんだだけに、これからマイホーム購入やリフォーム計画を検討されている方には是非知っておいていただきたく思います。




スポンサーリンク

家屋における窓の性能と重要性

家屋における窓の性能と重要性

さて、なぜ私が窓についてここまで深掘りするのかと言いますと、一般的な住宅において、なんと建物の表面積の20〜30%を窓が占めているからなんです。

ですからいくら断熱材にコストをかけても、窓ガラスの熱貫流率が大きければ断熱効果はどんどん損なわれていってしまいます。

とくに日本は、春夏秋冬「四季」があり、高温多湿な地域です。窓の性能は年中快適な暮らしを実現するために必要不可欠なのです。

私のように「窓?別にこだわりはないです。」などと担当者に適当にお任せしてしまうのは注意です。

窓の性能を知り上手に組み合わせることで、通気性、気密性、断熱性、遮音性などを高めることができますので、綿密な打ち合わせをしましょう。

窓ガラスの種類と特長

窓ガラスの種類と特長

それでは早速、窓ガラスの種類と特長について確認していきましょう。

まず、窓ガラスの種類には、

  • 型板ガラス
  • 耐熱ガラス
  • 複層ガラス
  • 防犯ガラス
  • Low-Eガラス

といった種類があります。

それぞれの特長を簡単に紹介します。

型板ガラス

型板ガラス 窓ガラスの種類と特長

型板ガラスは、あまり耳慣れないかもしれませんが、家屋の窓では非常によく使われるガラスです。

一般的な窓ガラスは透明で向こう側が透けて見えますが、型板ガラスはガラスの片面に模様をつけ、不透明にしたのものです。

こうすることで、採光をしつつ視線を遮る効果がありますので、トイレやお風呂などで使われます。

また、透明のガラスよりも汚れが目立ちにくいため、高所で掃除のしにくい場所や、景色を楽しむ目的ではないはめ殺し窓などでも採用されます。

単純に「型ガラス」とも呼ばれます。

耐熱ガラス

耐熱ガラスは、温度変化に強いガラスです。

一番よく使われるのは高温になりやすいキッチン、コンロの周囲です。

複層ガラス

複層ガラス 窓ガラスの種類と特長

複層ガラスは、ガラスを2重、3重と複層に重ねた窓です。

ガラスとガラスの間、層になった部分は真空にしたり、熱伝導に強い乾燥空気やアルゴンガス、クリプトンガスを充填することでより断熱効果を高めることができます。

複層になっている分だけ、通常の窓ガラスよりも破りにくく、多少防犯性能も上がります。また、遮音性能も高くなります。

防犯ガラス

防犯ガラス 窓ガラスの種類と特長

防犯ガラスは、2枚のガラスの間に中間膜や特殊な板(ポリカーボネード板)をはさみこんでいます。

ドライバーによる「こじ破り」やバールなどによる「打ち破り」に高い抵抗力を発揮し、割れにくいだけでなく、割れた時に大きな音がします。

複層ガラスよりもはるかに防犯性能に優れたガラスといえます。

Low-Eガラス

Low-Eガラス 窓ガラスの種類と特長

Low-Eガラスは、複層ガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティングした窓ガラスです。

断熱性、遮熱性に優れるだけでなく、紫外線も反射するので家具やフリーリングが日焼けするのも防いでくれます。

昨今の建築トレンドで、Low-Eペアガラス、ツインLow-Eは多くのハウスメーカーで標準装備となっていますが、念のためチェックしましょう。

LIXILオンラインショップ 内窓リフォーム

サッシの種類と特長

サッシの種類と特長

次に、サッシについても紹介していきます。

サッシとは、窓枠の建材のことを指しますが、広く窓枠を用いた窓そのものを指す場合もあります。

ここでは窓枠の建材として説明させていただきます。

サッシには

  • アルミサッシ
  • 樹脂サッシ
  • 複合サッシ

などの種類があります。

具体的にそれぞれの特長を確認していきましょう。

サッシの種類と特長

サッシの種類と特長
種類特長
アルミサッシ
  • 寸法精度が高い
  • 耐久性が高い
  • 軽量で開閉しやすい
  • 雨に強い
  • 熱が伝わりやすい
  • 結露しやすい
樹脂サッシ
  • 主材料は硬質塩化ビニル樹脂のプラスチック
  • 遮音性が高い
  • 断熱性が高い
  • 熱を伝えにくい
  • 結露防止
  • 種類豊富
  • 日差しで劣化しやすい
  • アルミサッシに比べ、強度が落ちる
複合サッシ
  • 室外側にアルミ、室内側に木や樹脂を用いたサッシ
  • アルミサッシと樹脂サッシのいいところを組み合わせたもの
  • 耐久性が高い
  • 断熱性が高い
  • コストがかかる

窓が違えば家も大きく変わる

窓ガラス、サッシの種類 窓の性能

窓は家の外観、インテリアの印象を変えますし、サッシの種類やガラスの種類なども組み合わせることで結露やカビ対策、室温の快適さも大きく変わります。

たかが窓、されど窓です。

これから長く住むマイホームですから、特に注文住宅でマイホーム購入を検討されている方はしっかりと吟味しましょう。ハウスメーカーによって窓の特長も大きく違いますので、比較検討の材料にもなります。

いくつかのハウスメーカーを比較検討したいという方は、間取りだけでなく、資金計画や土地探しまで無料サポートしてくれる「タウンライフ家づくり」をおすすめします。

無料ですので、ちょっと不安だという場合には気軽に利用してみてください↓

リフォームを検討する場合はアイディアから見積もりまで複数社を一括比較できるタウンライフリフォーム がおすすめです。ぜひ賢いリフォーム計画にお役立て下さい。

それでは。

LIXILオンラインショップ 内窓リフォーム






スポンサーリンク

シェアする