【比較|ハウスメーカー・工務店・設計事務所】注文住宅の特徴は?

夢のマイホーム計画。なにから始めたら良いかわからないから、まずはモデルハウス見学行こう!

ちょっと待ってください!
「何もわからないから、とりあえずプロに」という気持ちはわかりますが、それはおすすめしません。

え?なんで?

このままではトーク上手な営業マンに「いろいろと」言いくるめられてしまうからです。
まずは、少し勉強を。そしてあなたにピッタリなハウスメーカーをみつけてから行くことで、マイホームの成功率がぐっとあがります。

例えば↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「おいおい、これ大丈夫か?」と感じられますか?

気づかなかった方は「ハウスメーカーやモデルハウス見学はちょっとストップ!」です。

これはマイホームの寿命にかかわる重要ポイントで、ちょっと勉強すれば、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と営業マンに質問できるようになります。

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業マンにあなたの人生を預けちゃダメです。

このままでは、↓のようにどんどん営業マンに進められてしまいます。

そんなことより、この家は鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。そろそろ大きい地震が来るなんて言われていて心配ですよね?だからうちは、揺れそのものを軽減する「制振システムが標準装備」なんです。いくら頑丈でも、揺れたら家の中はめちゃくちゃですからね。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。いままでと同じ家賃レベルの支払いで、安心と快適が手に入るのに。あ、おかえりの際に簡単なアンンケートだけ記入お願いしますね。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火事レベルの温度の前では、「鉄が強い」は無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はあるある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命のタイミングではない
  • アンケートに住所・氏名を書いた時点で、あなたの担当者は決まる。そう、目の前のこの人に。

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと基礎を勉強するだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本の勉強は必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持ちましょう。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、ここならまず間違いないでしょう。最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」はマイホーム計画をなにから始めたら良いかわからない初心者におすすめ。説明が丁寧で本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカーそれぞれの良さを「中立の立場」で伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの「予算」「見積もり」も届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

【比較|ハウスメーカー・工務店・設計事務所】注文住宅の特徴は?

夢のマイホームを注文住宅で建てる意思を固め、まず悩むのがどこに依頼をしようか?という問題です。

「よくわからないけど、テレビCMや折込でおなじみの会社にお願いすれば安心かな」と思いがちですが、実はそれらはほとんどハウスメーカーです。

もちろんハウスメーカーが悪いというわけではないのですが、これから大きな買い物をしようとしているわけですから、もう少し色々と検討してみましょう。

スポンサーリンク

建築会社の種類は大きく分けて3つ

建築会社の種類は、大きく分けると3種類です。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 設計事務所

この3つで、それぞれにメリット・デメリットなど特徴があるのです。

注文住宅を建てるにあたり、「コストを抑えたい」「デザイン性を優先したい」「アフターサポートの充実」など、さまざまな要求やこだわりがあるかと思います。

それぞれの建築会社にはそれぞれの「強み」というものがありますので、一概にどこが良いとは言えません。「強み」を理解した上で、自分の描いているマイホームは、どこに依頼をするのが最適なのかを決めましょう。

それでは順に、それぞれの強みを紹介していきます。あくまで、多くの場合での特徴や強みですので、それぞれ公式サイトなどでのチェックはお忘れなく。

スポンサーリンク

ハウスメーカーの特徴|メリット・デメリット比較

ハウスメーカーの特徴|メリット・デメリット比較

ハウスメーカーのメリット

  • テレビCMなど広告で認知しているため安心感がある
  • 大手が多く、近場に店舗がある可能性が高い
  • 長期保証や、24時間サポートなど、アフターサポートが充実している
  • 住設機器の大量仕入れで、コストカットされている
  • 相談から住宅ローン、設計、施工、アフターサービスまですべてお任せできる
  • 一連の工程を任せられるので、手続きがスムーズにすすみ、時短効果もある
  • 規格・マニュアルが設けられていて、その範囲内であればほぼ金額が決まるので予算を組みやすい
  • モデルハウス、モデルルームが多数あり、そのハウスメーカーの強みを体感できる
  • 自社工場の資材を使うため、発注から納品がスピーディー
  • トイレ2つなど、不要なオプションを断っても値段は変わらない
  • 社内には「営業部」「建築部」「設計部」など多数の部署が存在し、何重にもチェックが入るため限りなくミスが少ない
  • 社内にさまざまな分野でのプロがいるため、1つの疑問に総合的な回答が得られる
  • 倒産の心配がほとんどない
  • 面倒な手続きなども同一店舗内でほぼ完結するので手間がない
  • リフォームまで任せる事ができる
  • 耐震性や断熱性、機密性など、施工や住設設備の品質が安定している
  • 耐震性や省エネ対策などの性能が備えられている
  • 建築トレンドの最新技術が規格内で利用できる事が多い
  • 最新の工法などの情報に敏感で、知識も豊富、柔軟に取り入れられる
  • 大きい会社のため、住宅ローン審査優遇の恩恵がある場合も

ハウスメーカーのメリットは、「安心感」と「スピード」そして「最初から最後までほぼおまかせ」できるところです。加えて、モデルハウスを通じで技術を体感できるということです。

ハウスメーカーのデメリット

  • 注文住宅と言いつつも、ある程度規格が設けられており、コストを気にすると自由度は低め
  • 規格内で設計すると、良くも悪くもデザインはありきたり、一般的な規格のものになる
  • 規格外オプションでこだわりの間取りを設けると別料金コストが高い
  • 直接的ではないが、テレビCMなど宣伝広告費の負担を担っている

ハウスメーカーのデメリットは、「コストの高さ」「自由度の低さ」が挙げられます。コストの高さに関しては、一定以上の品質を保つため安い資材を取り入れにくい点から。また大手ハウスメーカーは家作りをマニュアル化しているため、例えば規格外の窓を希望すると一気にコストアップするという観点から自由度の低さが欠点となります。

スポンサーリンク

工務店の特徴|メリット・デメリット比較

工務店の特徴|メリット・デメリット比較

工務店のメリット

  • 地域密着で、その土地の風土に詳しく、マッチした家づくりに期待出来る
  • 規格などが設けられていないため、自由度が高い設計ができる
  • 土地や地形に合わせて比較的柔軟な設計の対応が出来る
  • 住設機器の品質をコストに合わせて選択できる
  • 宣伝広告などはあまりしておらず、その分コストは低め
  • 建築後のお付き合いや、相談もしやすい
  • アフターサポートの相談がしやすく、対応がスピーディー
  • レベルにかなり差があり、質の良い工務店を見つけられれば、自由度とコストの両方を手に入れられる。逆もまたしかり。
  • 地元に根ざす工務店は地元の金融機関担当者との太いパイプがあり審査が通過しやすいと言われる

工務店のメリットは、「コストパフォーマンス」「自由度の高さ」「地元の風土にマッチした建築」に期待ができる点です。地元での建築事例が豊富で技術と規模を備えていればハウスメーカーよりも安く、希望のマイホームを手に入れられるでしょう。

工務店のデメリット

  • 施工のプロであるため、設計の提案力は弱め
  • 家族経営や数人の従業員という会社が多く、工期は長くなる傾向がある
  • 会社規模にもよるが、数十年以上のアフターサポートなどは大手ほどの期待がない
  • 宣伝をしていないので、地元評判など情報収拾が必要
  • 小さな工務店では、会社存続の不安もある
  • デザインの当たり外れが大きい
  • その工務店にない工法の建築はできない
  • 大量発注ではないため、資材の調達に時間がかかる

工務店のデメリットは、せっかく自由度があるものの提案力が低めで、オリジナリティーあふれるデザインには期待できないことや、小規模での経営の場合が多いため、数年後に何かあった時に相談できるかどうかの不安がある点です。当たり外れがあるので情報収拾も必要になります。

スポンサーリンク

設計事務所の特徴|メリット・デメリット比較

設計事務所の特徴|メリット・デメリット比較

設計事務所のメリット

  • 他ではマネできないような設計、間取りの提案が豊富に受けられる
  • ハウスメーカー、工務店よりも確実に、ほぼ100%理想の家を実現できる
  • 予算から理想の間取りを逆算して設計を依頼できる
  • 住設機器の品質をコストに合わせて選択できる
  • 依頼先の工務店が決まっている設計事務所でなければ、工法や最新技術などの要望に合わせた工務店に依頼ができるので建築に制限がない
  • デザイン性や、個性あふれる面白い家など、自由な希望で提案を受けられる
  • 狭小住宅や変形した土地の設計も安心してお任せできる
  • コストカットのために安い材料を使っても、デザインや調和でアレンジをしてそれっぽく見せてくれる
  • 建築の依頼は工務店となるが、設計士が第三者の目線で工事をチェックしてくれるので安心度が増す
  • 工法や仕様の制限がない
  • どうしても譲りたくないこだわりポイントにお金をかけ、こだわらない場所でコスト調整をする事が可能
  • 図面作成後の依頼のため、請負契約後の追加費用が少ない

設計事務所のメリットは、「デザイン性」「独創性」の高い設計を豊富に提案してもらえる点と、設計や技術に制限がないので、すでに思い描く理想の家が想像できている場合も、建築法にのっとっていれば「ほぼ100%実現できる」のが最大のメリットです。

設計事務所のデメリット

  • 設計料・監理料が別途かかる
  • 工務店に直接依頼をするよりもコストがかかる傾向
  • 工法や仕様を自由に設計しているため、工期も長くかかる傾向
  • 設計士とセンスや相性が悪いと話が進まない
  • 大量発注ではないため、資材の調達に時間がかかる

設計事務所のデメリットは、「コスト」と、「建築士との相性」が重要になってくる点です。建築士によってはこだわりの強い方もいるため、自分の思いを通すのに時間がかかる場合もあります。

スポンサーリンク

まとめ|ハウスメーカー・工務店・設計事務所のメリット・デメリット

ということで、ここまで注文住宅を建てる際の、ハウスメーカー、工務店、設計事務所それぞれの特徴やメリットデメリットを紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?

それぞれの特徴をおさえ、自分にピッタリな建築会社を探しましょう。

あなたの思い描くマイホームが、どの会社ならいくらで購入できるのか、相見積もりだけでもしてみませんか?タウンライフ家づくりなら、間取り、資金シミュレーションを600社の中から一括でやってもらえます。

最高の建築会社との出会いにお役立てください。

それでは。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました