【入居前のチェックポイント】失敗・後悔しないマイホーム生活の為に

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

建売住宅でも、注文住宅でも、そしてマンションでも、

いよいよ入居となると気持ちが踊るものです。

 

しかし、そんな「はやる」気持ちを抑え、入居前の最終チェックを入念に行いましょう。

 

入居してから発覚するとせっかくの幸せな気分も一転「がっかり」するだけでなく、修理の費用も自己負担になってしまう場合もあります。

 

今回はそんな入居前のチェックポイントを紹介しますのでお役立てください。

スポンサーリンク

【照明・スイッチが点くか】入居前のチェックポイント

【照明・スイッチが点くか】入居前のチェックポイント

まずは基本ですが、全ての照明が正常に点くかどうかをチェックしましょう。

  • メインルーム
  • トイレ
  • お風呂
  • ウォークインクロゼット
  • シューズインクロゼット
  • 玄関ポーチライト
  • シーリングファン(天井扇)
  • お風呂のテレビ

までくまなくチェックしましょう。

同時に、

  • 換気扇
  • 給湯器
  • インターホン

まで正常に動くかを確認しましょう。人感センサーを付帯させている場合は反応するかもチェックです。

スポンサーリンク

【排水チェック】入居前のチェックポイント

【排水チェック】入居前のチェックポイント

次にチェックしたいのは排水です。

  • キッチン
  • 洗面所
  • お風呂

は水を貯めて排水してみます。

  • 外の散水栓
  • ベランダの排水
  • トイレ

がきちんと流れるかもチェックします。雨の日にベランダの排水が悪いと大変です。

私は賃貸の時にお風呂の排水不良で失敗しました。

普通にお風呂を貯めて、栓を抜くと、排水が追いつかずに逆流してくるのです。大家に申告しましたが、「そういう構造だから仕方ない。いまから配管を直すのはお金がかかりすぎる」と言われました。あとは泣き寝入りです。

スポンサーリンク

【壁紙の仕上がり】入居前のチェックポイント

【壁紙の仕上がり】入居前のチェックポイント

壁紙が依頼したものかどうかも大事ですが、貼り合わせもチェックしましょう。

  • 合わせ目が綺麗か
  • 浮いてきている箇所はないか
  • 傷や汚れはないか
  • 天井
  • 角の処理

しっかりチェックしておかないと、入居後すぐに剥がれてきてみっともない部屋になってしまいます。

スポンサーリンク

【ドアの開閉】入居前のチェックポイント

【ドアの開閉】入居前のチェックポイント

ドアの開閉も全て行います。

  • メインルーム
  • クロゼット
  • ベランダ
  • 玄関ドア
  • 備え付け家具
  • キッチン引き出し

など、ドアというドアは全てチェックしましょう。チェックするポイントは

  • 取っ手の取り付け工事
  • ハンドルにガタつきはないか
  • ネジが閉まっているか
  • 床を擦っていないか
  • ドアストッパーは正常化か
  • 鍵が機能するか

などです。

スポンサーリンク

【網戸】入居前のチェックポイント

【網戸】入居前のチェックポイント

ドアの開閉と同時に、網戸のチェックも行いましょう。

  • 目地に傷がないか
  • スライドの具合

などです。

私は賃貸の時にこれも失敗しました。

寒い時期に入居したのですが、温かい季節になり網戸で風を通そうと網戸を閉めようとしたら、一瞬スライドが引っかかり、はずれ「ふぁさ〜」とこちらに倒れてきました。

入居からしばらく経っていたので、自己責任です。

スポンサーリンク

【床の傷・汚れ】入居前のチェックポイント

【床の傷・汚れ】入居前のチェックポイント

床の傷や汚れは、入居してしばらく生活すればついてしまうものですが、初めから付いていると気持ち的にがっかりします。

  • 汚れ
  • 貼り合わせ
  • 床鳴り
  • 水平か

この辺りをチェックしましょう。

部屋の中をくまなく歩き、「みしみし」「ギシギシ」言わないかをチェックです。

また、床暖房が温まるのかもチェックしましょう。

スポンサーリンク

【シーリング】入居前のチェックポイント

【シーリング】入居前のチェックポイント

お風呂、キッチン、洗面所などの水まわりや、ベランダなど雨にさらされる部分にタイルを使用している箇所は、目地の処理(シーリング)がはみ出ていないかをチェックしましょう。

スポンサーリンク

【オプション】入居前のチェックポイント

【オプション】入居前のチェックポイント

入居時に依頼したオプション品がある場合は、すべて揃っているかチェックしましょう。

ハウスメーカーの注文住宅の場合は、システムキッチンやトイレ、洗面台がセット価格になっている場合もありますが、それらが正確に取り付けられているか、また、グレードアップや仕様の変更をした場合はその通りになっているのかをチェックしましょう。

  • お風呂の床のグレードアップ
  • 照明の人感センサー
  • 壁埋め込み収納
  • クロゼットのハンガーラック
  • 洗濯物干しバー
  • お風呂のテレビ
  • 畳スペースへ間取り変更

などです。

特にオプションで追加依頼したものは通常の流れとは違うため、工事の工程で漏れたり、設計士と現場監督の間で伝達漏れが発生したりする場合もあります。

スポンサーリンク

【配線】入居前のチェックポイント

【配線】入居前のチェックポイント

壁の中の配線がうまくいっているかチェックが必要です。

  • コンセント
  • 電話線
  • インターネットLANケーブル

などが、断線や配線漏れで繋がっていない可能性があります。

プロであればその場ですぐに直してくれる場合もありますし、逆に素人が直すのはほぼ不可能ですので、しっかりチェックをしましょう。

スポンサーリンク

【アンケート】入居時のチェックポイント

【アンケート】入居時のチェックポイント

これらのチェックを終えれば、入居してからがっかりしたり後悔することはないでしょう。

そして、最後に忘れてはいけないのが、入居者アンケートです。マンションでも戸建でも、マイホームは大きな買い物です。

ですから、実際に購入した方の意見や感想、口コミを知りたい人が多いのです。

アンケートに答えると、SUUMOのように3000円〜5000円のギフト券をもらえる場合もあります。

せっかくの素晴らしい体験を、先輩としてアンケートに答える形で伝えてあげましょう。

→SUUMO(スーモ)のアンケートに答えてギフト券をゲットする

スポンサーリンク

まとめ|入居前のチェックポイント

ということで、ここまで入居前のチェックポイントを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

幸せな気分を長続きさせるためにも、マイホーム入居前にしっかりとチェックをしましょう。

→引越し後のやることリストをチェック

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました