【不動産取得税】税率と計算方法

 

マイホーム購入の段階でも様々な税金や諸費用がかかりますが、建てた後にかかる税金もあります。

固定資産税や都市計画税ならご存知かもしれませんが、不動産取得税というものがあるのです。

今回はこの不動産取得税の税率や計算式を紹介していきます。




スポンサーリンク

不動産取得税とは?

マイホーム購入に関わる税金の1つで、土地や建物を取得した時にかかるのが「不動産取得税」です。

土地・建物のそれぞれの評価額に税率をかけて税金が算出されます。

ただし、住宅の床面積が一定の条件を満たし、建ててから申告をすれば土地・建物ともに軽減措置を受けられます。

実際の納税は建ててから数ヶ月後ですので、忘れずに覚えておきましょう。

不動産取得税の税率と軽減措置

不動産取得税の税率と軽減措置
 税率時限措置適用時軽減措置軽減措置適用条件
土地評価額×4%

評価額×1/2×3%

(2021年3月31までに取得)

 

  1. 4万5000円
  2. 土地1㎡あたりの評価額(2021年3月31までに取得は×1/2)×住宅の床面積の2倍(200㎡が限度)×3%

1か2のどちらか多い額を軽減

住宅の床面積が50㎡以上240㎡以下
建物評価額×4%

評価額×3%

(2021年3月31までに取得)

評価額から1200万円(認定長期優良住宅は1300万円)を控除

私はこの表を見て最初驚きました。

不動産取得税の計算方法例

不動産取得税の計算方法例

例えば土地(100㎡)1050万円、建物(90㎡)1250万円で、2021年3月までに取得したと計算すると、

1050万円(土地100㎡)÷2×0.03=15.75万円

1250万円(建物90㎡)×0.03=37.5万円

15.75万円+37.5万円=53.25万円

となり、「え?新居に住んでから数ヶ月後に53.25万円も不動産取得税がかかるの!!?」と焦りましたが、実際には軽減措置があります。

土地に関してはマーク部分を計算し、軽減措置を受けます。

1050万円÷100(土地100㎡)×1/2×90(建物90㎡)×2(住宅の床面積の2倍)×3%=28.35万円

4.5万円<28.35万円なので、28.35万円が軽減額となります。この金額を元々の15.75万円から減額してもらえるので、

15.75万円-28.35万円=0円(マイナスなので)

よって、土地の不動産取得税は0円です。

さらに建物に関しては「評価額から1200万円控除」してもらえるので、

(1250万円ー1200万円)×3%=1.5万円

ということになります。

合計を出すと、

土地0円+建物1.5万円=1.5万円

この場合の不動産取得税は1.5万円ということになりました。このくらいなら払える範囲ですね。

→マイホーム購入に関わる税金をチェック




スポンサーリンク

シェアする