【マンション|間取りの特徴】田の字・センターイン・ワイドスパン・角住戸

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

マンションでのマイホーム購入を検討している方は、立地や価格だけでなく、その後の生活を左右する間取りもしっかりチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

マンションの間取りは4種類

マンションの間取りには大きく分けて、

  • 田の字プラン
  • センターイン
  • ワイドスパン
  • 角住戸

の4つの種類があります。

これら1つ1つの特徴と、メリット・デメリットについて紹介してまいります。

スポンサーリンク

【田の字プラン】マンションの間取り

【田の字プランの特長】マンションの間取り

田の字プランの特徴

多くのマンションで採用しているもっともポピュラーな間取りです。上から図面を見ると、部屋を中心に縦横に居室が仕切られて漢字の「田」にみえることから田の字プランと呼ばれます。

田の字プランのメリット

部屋と部屋が廊下やクロゼットで仕切られるため、各居室の独立性が高いことがメリットです。

また、上下階も同じ間取りであることが多く、騒音問題も発生しにくい特徴があります。

田の字プランのデメリット

基本的にはLDKがバルコニー側に設けられるため、採光重視でバルコニーを広く取れば、残りの居室の採光は厳しくなります。

一方、一部屋だけでも採光を確保しようと、バルコニー側にLDKと居室を設けると縦長なLDKになり間取りの自由度が狭まります。

いずれにせよ、外廊下側に設置される居室ができ、他の住人が通るため窓を開けづらく、プライバシー面も心配です。

スポンサーリンク

【センターイン】マンションの間取り

センターインの間取りの特長

センターインの特徴

玄関が真ん中にある、高層マンションでポピュラーな間取りです。

玄関に入ってすぐに廊下があり、右と左で部屋を分離するため、用途に応じて使い分けができるのが特長です。

センターインのメリット

例えば、

「玄関に入って南向きになる側をLDKや客間などパブリックな空間に、逆の方向を家族それぞれの居室に分けることで、プライバシーを守る」

といったように、各部屋を独立して使いやすい、間取りの自由度が高いのが特長です。

センターインのデメリット

空間の仕切りがはっきりしているので、居室側からもLDK側からも玄関が見えにくくなるので、セキュリティー面に若干の不安が残ります。

また、他のプランに比べると、建築コストの関係で割高になる傾向があります。

スポンサーリンク

【ワイドスパン】マンションの間取り

【ワイドスパンの特長】マンションの間取り

ワイドスパンの特徴

ワイドスパンはバルコニー側の開口部が広く、採光重視の方に人気のプランです。

バルコニーを横長に取り、開口部を7〜8mほどの広さで取るのが特長です。

ワイドスパンのメリット

ワイドスパンの一番のメリットは採光により明るい部屋を確保できることです。

また、採光できる居室を増やす目的で、各居室をリビングに並列させるため、居室間の無駄な廊下も省け、広い部屋を作ることもできます。したがって、間取りの自由度も高くなります。

リビング続きの居室のため、家族が顔をあわせる機会が必然的に増えるので、ファミリー向けです。

ワイドスパンのデメリット

リビング続きの居室は壁1枚で隣り合わせになり、音の問題や、部屋を出てすぐにLDKであるため、それぞれのプライバシー空間は他の間取りプランに比べて劣ります。

スポンサーリンク

【角住戸】マンションの間取り

【角住戸】マンションの間取り

角住戸の特徴

角住戸は、アパートで言うところの角部屋です。隣住戸が1つあるだけで、残り3方向は誰もいないため、さまざまなメリットがあり、人気です。

角住戸のメリット

角住戸は、隣住戸以外の3面に窓を設置し採光することができますので明るい部屋の間取りプランが豊富です。

お隣さんが少ないということで、騒音問題などの隣人トラブルも軽減されます。

外廊下を通行する人も少なく、プライバシーやセキュリティー面も優位です。

角住戸のデメリット

角住戸は、人気があるため、すぐに売れてしまう可能性が高い上に、他の部屋に比べて割高というデメリットがあります。

また、断熱がしっかりされていれば問題ありませんが、隣接する部分が1辺のみなので、外気温の影響を受けやすく光熱費が割高になるケースもあります。

スポンサーリンク

自由な間取りの注文住宅がおすすめ

ということで、マンションの間取りプランを紹介しましたが、やはりマンションは間取りの制限が多いです。

そもそも好みの間取りがなかったり、あっても先に取られたり高かったりと好立地のマンションを見つけてからも戦いは続きます。

「なんとなく、高そうだから」という理由で一戸建てを諦めているあなた、一度、理想の間取りがいくらで建つのか、タウンライフ家づくりで見積もりだけでもみてみませんか?間取り・資金計画シミュレーションまで無料でやってもらえて便利です。

ぜひ活用してみてください。

大きな買い物です。後悔しないマイホーム購入計画を!

それでは。

→マンション広告の見方

→マンション購入前に知っておきたいこと

→マンションと一戸建て、結局どっちがいいの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました