【床材の種類と特徴】マイホームにおすすめの床材を比較

夢のマイホーム計画。なにから始めたら良いかわからないから、まずはモデルハウス見学行こう!

ちょっと待ってください!
「何もわからないから、とりあえずプロに」という気持ちはわかりますが、それはおすすめしません。

え?なんで?

このままではトーク上手な営業マンに「いろいろと」言いくるめられてしまうからです。
まずは、少し勉強を。そしてあなたにピッタリなハウスメーカーをみつけてから行くことで、マイホームの成功率がぐっとあがります。

例えば↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「おいおい、これ大丈夫か?」と感じられますか?

気づかなかった方は「ハウスメーカーやモデルハウス見学はちょっとストップ!」です。

これはマイホームの寿命にかかわる重要ポイントで、ちょっと勉強すれば、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と営業マンに質問できるようになります。

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業マンにあなたの人生を預けちゃダメです。

このままでは、↓のようにどんどん営業マンに進められてしまいます。

そんなことより、この家は鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。そろそろ大きい地震が来るなんて言われていて心配ですよね?だからうちは、揺れそのものを軽減する「制振システムが標準装備」なんです。いくら頑丈でも、揺れたら家の中はめちゃくちゃですからね。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。いままでと同じ家賃レベルの支払いで、安心と快適が手に入るのに。あ、おかえりの際に簡単なアンンケートだけ記入お願いしますね。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火事レベルの温度の前では、「鉄が強い」は無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はあるある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命のタイミングではない
  • アンケートに住所・氏名を書いた時点で、あなたの担当者は決まる。そう、目の前のこの人に。

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと基礎を勉強するだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本の勉強は必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持ちましょう。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、ここならまず間違いないでしょう。最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」はマイホーム計画をなにから始めたら良いかわからない初心者におすすめ。説明が丁寧で本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカーそれぞれの良さを「中立の立場」で伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの「予算」「見積もり」も届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

マイホームの印象や暮らしを大きく変える床材。

とくに肌に直接触れる床材は、質感・肌触りはもちろん、メンテナンス性の高さ、耐久性や耐水性も大切ですし、カラーやデザインの豊富さも注視したいポイントです。

しかし、注文住宅やリフォームで決めていく際には種類の選択肢も多く、どうしようかと悩む方も多いかと思います。

また、「こんな床材もあったのか」と家が完成してから後悔ということにならないように、種類と特徴をまとめますので、家づくりにお役立ていただければと思います。

スポンサーリンク

床材の種類

まずはざっくりと床材にはどんなものがあるのかを確認していきましょう。

実は床材の種類は、

  • 複合フローリング
  • 無垢フローリング
  • カーペット
  • タイル・天然石・人造石
  • リノリウム
  • クッションフロア
  • コルクタイル

などかなり豊富です。

そしてそれぞれに特徴があり、適材適所で使い分けることで快適なマイホームにすることができるのです。

それでは1つずつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

複合フローリング

複合フローリング 床材

複合フローリングは、いまや多くの住宅で採用されているもので、フローリング=合板フローリングを想像される方も多いかと思います。

  • 合板などの素材に化粧単板を貼ったもの
  • 低価格でコスパがよい
  • 反りや縮みなどの狂いが少ないので施工後のトラブルが少ない
  • 化粧単板の種類やデザインが豊富で、インテリアにあったものを選択しやすい
  • ペット仕様や、傷に対する耐久度を高めるワックスにも幅広く対応する
  • あらかじめ塗膜が強く手入れが簡単なウレタン塗装が施されていることが多い
  • 一般的に1mmの化粧単板に厚みを持たせ、無垢の良さも楽しめる商品も登場
スポンサーリンク

無垢フローリング

無垢フローリング 床材の種類

無垢フローリングときくとワンランク上、贅沢な印象がありますが、本来日本の家屋で使われていたのはこの無垢材のフローリングです。しかし、複合フローリングが登場し、その種類の豊富さや価格面でハウスメーカーが多く採用するようになったため、現在の住宅業界において無垢はいつのまにか価値あるものになりました。

  • 天然木を板にしたものをそのまま床に敷き詰める
  • 木の香りや自然の風合いが楽しめる
  • 裸足で歩いた時の肌触りが気持ちよく格別
  • 飲み物をこぼした時など、すぐにメンテナンスをしないと跡が残る
  • 傷ついた場合などは「やすりがけ」などで対応可能
  • 温湿度の変化で伸縮するため、高い施工技術が必要
  • 合成樹脂塗料、無垢材用のワックス、含浸タイプのオイル系塗料などによりメンテナンス性を高めることも可能
  • 床暖房にする場合は含水率など対応のものを選ぶ必要がある
  • 耐久性の高い広葉樹では「ナラ」「カエデ」「ブナ」「チーク」「カリン」など、柔らかく温もりを楽しめる針葉樹では「杉」「檜」「パイン」など種類も増加
スポンサーリンク

古来より日本人に愛される畳ですが、徐々にライフスタイルが変化し、無垢材と同じくちょっと贅沢やこだわりを演出する際に使われることが多くなりました。

しかし、畳の性能やクッション性、利便性が再評価され、最近ではカラーバリエーションも豊富、琉球畳なども人気です。

  • 主に「い草」と「藁」を原料とする
  • 畳おなじみの香りも特徴
  • 夏はさらさら、冬は暖かさを感じられる素材なので高温多湿で四季のある日本の気候に適している
  • 二世帯住宅など高齢者との同居や、客間で好まれる
  • リビングの一角に畳スペースを設けると、そのまま寝転んだりでき、またクッション性があるので子育て世帯にも重宝する
  • スキップフロアや小上がりを畳スペースとすることで、洗濯物をたたむ場所として活用、さらに小上がりを収納にすることで家事がはかどる
  • 小上がりに設置し、掘りごたつを楽しむことも可能
スポンサーリンク

カーペット

  • 色やデザインが豊富
  • 織り方や素材によって質感も豊富で好みのに出会いやすい
  • 防ダニ施工された商品が人気
  • 保湿性・防音性など性能面でも選択肢に上がる
  • 板の間にも畳の間にも、さまざまな場所で採用しやすい
スポンサーリンク

タイル・天然石・人造石

タイル・天然石・人造石 床材

  • 耐水性・耐磨耗性・衝撃に強いなどの性能を持つ
  • 土間や水回りに採用すると効果を得やすい
  • 汚れにくく、掃除も楽
  • 形や大きさが豊富(細かいモザイクタイルや60cmの大型のものも)
  • 熱に弱い、酸に弱いなど特徴を把握し採用する必要がある
スポンサーリンク

リノリウム

リノリウムは亜麻仁油や松ヤニ、木粉、コルク粉、顔料などの自然素材を原料とする床材です。

リノリウム 床材

  • 耐水性・耐薬品性・耐摩耗性・抗菌など性能が高い
  • 自然素材なので、住人の身体にも優しい健康素材
  • 焼却しても有害物質が排出されず、生物分解して土に還るので環境に優しい
  • 医療施設でも採用される
スポンサーリンク

クッションフロア

クッションフロアは、表面に塩化ビニルを用い、クッション性のある発泡層を含んだシート状の床材です。

  • デザインやカラーが豊富
  • 防水性が高いため、主にトイレや洗面所、脱衣所、キッチンなど水回りで採用される
  • 防菌・防カビ・防汚加工をされた商品も人気
スポンサーリンク

コルクタイル

コルクタイルとは、コルク樫の樹皮をタイル状のシートにした床材です。

  • 耐磨耗性・防滑性に優れている
  • 特に弾力性に優れ、足の疲れを軽減する
  • 火や水に強く、温湿度調節もでき、さらに防音性も高いため子供部屋・キッズルームに最適
  • 表面が汚れにくいようにウレタンで塗装されたものが一般的
スポンサーリンク

床材選びのポイント

ということで、ここまで床材の種類と特徴について紹介してまいりました。

マイホームの印象や快適さに大きく影響する床材は、種類と特徴を理解し適材適所にすることでよりその効果を発揮します。

  • 気持ちのいい質感
  • 耐久性や防水性などの性能
  • 汚れや劣化などメンテナンス性
  • 豊富なカラーやデザイン性
  • 価格

こういったポイントをまとめ検討し、あなたにピッタリな床材を見つけてみてください。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました