【戸建て・マンション比較表】おすすめは?失敗しないマイホーム選択

夢のマイホーム計画。なにから始めたら良いかわからないから、まずはモデルハウス見学行こう!

ちょっと待ってください!
「何もわからないから、とりあえずプロに」という気持ちはわかりますが、それはおすすめしません。

え?なんで?

このままではトーク上手な営業マンに「いろいろと」言いくるめられてしまうからです。
まずは、少し勉強を。そしてあなたにピッタリなハウスメーカーをみつけてから行くことで、マイホームの成功率がぐっとあがります。

例えば↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「おいおい、これ大丈夫か?」と感じられますか?

気づかなかった方は「ハウスメーカーやモデルハウス見学はちょっとストップ!」です。

これはマイホームの寿命にかかわる重要ポイントで、ちょっと勉強すれば、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と営業マンに質問できるようになります。

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業マンにあなたの人生を預けちゃダメです。

このままでは、↓のようにどんどん営業マンに進められてしまいます。

そんなことより、この家は鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。そろそろ大きい地震が来るなんて言われていて心配ですよね?だからうちは、揺れそのものを軽減する「制振システムが標準装備」なんです。いくら頑丈でも、揺れたら家の中はめちゃくちゃですからね。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。いままでと同じ家賃レベルの支払いで、安心と快適が手に入るのに。あ、おかえりの際に簡単なアンンケートだけ記入お願いしますね。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火事レベルの温度の前では、「鉄が強い」は無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はあるある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命のタイミングではない
  • アンケートに住所・氏名を書いた時点で、あなたの担当者は決まる。そう、目の前のこの人に。

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと基礎を勉強するだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本の勉強は必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持ちましょう。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、ここならまず間違いないでしょう。最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」はマイホーム計画をなにから始めたら良いかわからない初心者におすすめ。説明が丁寧で本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカーそれぞれの良さを「中立の立場」で伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの「予算」「見積もり」も届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

マイホーム購入を決心し、最初に決断すべきことは「戸建て」か「マンション」か、ということかと思います。

当然、どちらにもメリット・デメリットがありますので、なにを優先するのかを考え決定していく必要があります。

今回は、そんな戸建てとマンションの比較を、項目別に表を作成しましたので、マイホーム選択にお役立てください。

それではさっそく紹介して参ります。

スポンサーリンク

【立地】戸建て・マンション比較表

【立地】戸建て・マンション比較表

【立地】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由
  • 駅前などの好立地には、個人が買うような戸建てサイズの土地はあまり売りにでない
  • 売りに出たとしても高額で、高層階マンションなどの建築でないと元がとれないため戸建てに不向き

都心の駅前一等地には、戸建て住宅がほぼ建築されていないことからもお分かりいただけるかと思います。電車通勤や大手スーパーやデパートなどへの好アクセス、好立地で軍配が上がるのはマンションということになります。

建売住宅の場合、やはり業者が土地のまとめ買いをすることが多いので、マンション同様好立地になるケースもあります。

スポンサーリンク

【広さ】戸建て・マンション比較表

【広さ】戸建て・マンション比較表

【広さ】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由
  • 戸建ての平均的な広さ・間取りは4LDKの90㎡
  • マンションの平均的な広さ・間取りは2〜3LDK70㎡

どんなマンション・戸建てを購入するかによって当然全く違う評価になってしまうので、ここではあくまで一般的な平均間取りでの比較ですが、戸建ての方が広い傾向があります。戸建ては2階建3階建など複層階になること、購入者が子育て世帯に多いことからも戸建てに軍配があがります。

スポンサーリンク

【維持費・ランニングコスト】戸建て・マンション比較表

【維持費・ランニングコスト】戸建て・マンション比較表

【維持費・ランニングコスト】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由
  • マンションは管理費や修繕積み立て金、駐車場代がかかる
  • 戸建ても外壁や設備トラブルの際の修繕は積み立てておくべき

どちらも設備の修繕は自分たちで行う必要がありますが、戸建ては自分たちが我慢できるなら放置でもOKなのに対し、マンションはエントランスやエレベーターなど、共用部分の修繕積み立て費は必要です。

また、マンションの入居者が減っていけば負担はさらに増加。今後人口減少の影響で将来的にかなりの負担増が見込まれています。

スポンサーリンク

【静音性】戸建て・マンション比較表

【静音性】戸建て・マンション比較表

【静音性】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

戸建ては上下階への音の配慮が家族だけになる上に、住宅街では繁華街のような騒音も少ないので静音性は圧倒的に有利です。

マンションの場合、静音性の基準として床のスラブ圧が200mm以上は確保したいところです。

生活音に無頓着な住人が上の階に住んだり、音に神経質な人が下の階に入居したりするとかなり後悔することになります。しかし、住んでみるまでは答えがでません。

スポンサーリンク

【セキュリティ】戸建て・マンション比較表

【セキュリティ】戸建て・マンション比較表

【セキュリティ】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

マンションはオートロックはほぼ標準装備で、防犯カメラや24時間管理人がいたり、セキュリティ会社と契約していたりするところも増えました。また、高層階なので入り口の鍵一本でほぼ万全のセキュリティを保てる利便性もいいです。

戸建てで万全なセキュリティを保つには、一階、できれば二階の窓やサッシまでシャッターを取り付け、都度開閉をする必要があります。防犯カメラや警備会社との契約のコストも高く導入も考えものです。

ただ、最近はマンションの管理人でも怪しい人や犯罪を犯す人がいるので、マンション=セキュリティという構図は崩れつつあります。

スポンサーリンク

【設備】戸建て・マンション比較表

【設備】戸建て・マンション比較表

【設備】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

マンションの購入の際には、ディスポーザーや宅配ボックスなど、最新任意設備は標準装備になっていることが多いです。

一方戸建ての場合も、大手ハウスメーカーの注文住宅プランや建売住宅では「浴室乾燥機」「食器洗い乾燥機」など標準装備が増えましたが、マンションの設備にはまだ劣ります。

ただ、マンションの設備でも「子育てスペース」や「ペット用施設」「来客応対スペース」「マンション公式サイト」などは利用頻度に比べて管理費が無駄に感じる方も多いようです。

一方、戸建ての場合は太陽光パネルの設置など個人の判断ではマンションで設置できない設備も取り付けられるというメリットがあります。人気のZEH住宅などを検討しているなら戸建てもありです。

スポンサーリンク

【資産価値】戸建て・マンション比較表

【資産価値】戸建て・マンション比較表

【資産価値】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

戸建ての場合は、建物の価値は20年でほぼゼロになりますが、経年劣化しない土地は非常に資産価値が高いことで知られています。建物が古くなっても、子供に相続すれば建物を立て直すだけでお得にマイホームを獲得できます。

マンションの場合、土地の所有分が少ないため、資産価値はかなり低いです。建物の資産価値は戸建てよりは下がりにくいですが、やはり下がっていきます。

これからマンション購入を検討、かつ将来売買などの可能性がある方は、駅前の好立地を選択しないと厳しい時代がやってきます。

スポンサーリンク

【固定資産税】戸建て・マンション比較表

【固定資産税】戸建て・マンション比較表

【固定資産税】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

固定資産税は土地と建物それぞれにかかってくるのですが、おおまかに最初の3年間は

  • (土地の評価額)×1/6×0.014
  • (建物の評価額)×1/2×0.014

の合算で算出されますので、同じマイホームでも1/6が掛けられる土地の割合が大きい一戸建ての方が安い計算になるのです。

また3年経過した後も、戸建ては建物の価値の低下がマンションより早いので、かかる固定資産税も低くなるのです。

都市計画税も同様です。

スポンサーリンク

【間取りの自由度】戸建て・マンション比較表

【間取りの自由度】戸建て・マンション比較表

【間取りの自由度】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

大前提として、平均的に延べ床面積が広い戸建ての方が当然自由度が高いです。注文住宅を建てるなら、建築法内であればコンセントの位置まで全て自分たちの思い描いた間取りを実現できます。人気の吹き抜けや高い天井、庭や地下室など、上下階がないからこそ実現可能な間取りも豊富です。

また、建売住宅の場合でも間取りの選択肢が豊富なので自分たちのライフスタイルにあった間取りを選択しやすいです。

マンションの場合は、面積の関係で、生活導線を考慮したり無駄のない間取りプランにするため、結果的にありきたりなプランで販売されていることが多いです。

スポンサーリンク

【断熱性・気密性】戸建て・マンション比較表

【断熱性・気密性】戸建て・マンション比較表

【断熱性・気密性】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

マンションでは上下左右が他の部屋とつながっていますので、戸建てよりも断熱性・気密性が高いのが一般的です。

最近ではサッシや窓が二重ガラス(ペアガラス)の物件が多く、断熱材の性能も上がりましたので戸建てでも十分ですが、比較した場合に軍配があがるのはマンションです。

また、戸建てでは天井の高い物件や吹き抜けなど冷暖房効率に若干の難有りな構造も増えており、この辺りも比較すると性能で劣ります。

寒い・暑いのがとことん苦手という方はマンションという選択肢もありかもしれません。ただ、購入前に断熱性能は要チェックです。

スポンサーリンク

【生活リズムの自由度】戸建て・マンション比較表

【生活リズムの自由度】戸建て・マンション比較表

【生活リズムの自由度】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?
理由

どちらもマイホームなので自由な生活は当然の権利なのですが、戸建ての場合、上下左右に生活音を配慮する必要性が低いので、深夜に洗濯機を回すことも可能です。

一方、ゴミ出しではマンションに軍配があがります。多くのマンションでは24時間利用できるゴミステーションがありますので、戸建てのような「朝何時までに何ゴミを出す」などのルールに縛られることがありません。

スポンサーリンク

【リフォーム・増築・DIY】戸建て・マンション比較表

【<a rel=リフォーム・増築】戸建て・マンション比較表” width=”1000″ height=”427″ />

リフォーム・増築・DIY】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

「子供が増えた」「成人して独り立ち」「介護のため両親を迎えいれる」など、家族構成に変更があった場合には増築や、使わなくなった部屋を1つにまとめたり、介護用手すりをつけたりとリフォームが必要になります。

そんな時にリフォームのしやすさ、増築の自由度は圧倒的に戸建ての法が有利です。究極の建て直しという選択肢も戸建てならではです。

スポンサーリンク

【日当たり・採光】戸建て・マンション比較表

【日当たり・採光】戸建て・マンション比較表

【日当たり・採光】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?
理由

実は比較するのが難しいのが日当たりです。一般的にマンションは上層階なので遮るものがなく、隣接するマンションなどがなければ太陽を独り占めできると言われています。

しかし、上下左右にも部屋があるため窓の数や大きさに限りがあるのも事実で、戸建てならは耐震強度に適っていれば大開口のサッシや大きな窓を方位を選ばず設置できます。リビングを2階に持って行ったり、天窓を作ったり、勾配天井を利用して高い位置から採光したりと、構造次第では戸建ての方がはるかに明るい家を作ることが可能です。

太陽光を遮るものがないマンションか、採光技術を取り入れられる戸建てか、優劣はつけがたいポイントです。

スポンサーリンク

【耐震性能】戸建て・マンション比較表

【耐震性能】戸建て・マンション比較表

【耐震性能】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?×
理由

高層階にもなるマンションは、入居者の数もはるかに多く、地震による揺れを抑えたり(制震・免震)、揺れへの強度(耐震性能)が高く設定されているのが一般的です。

一方、戸建てでも制震、免震、耐震の技術はマンション同レベルのものが揃っているのですが、マイホームの値段にダイレクトに影響する関係でコスト削減のターゲットになりがちです。

国が建築を認めている耐震レベルで実は十分で、「震度7が何十回来ても大丈夫」などという技術は、安心だがあまりにも過剰で、コストをかけすぎるのは疑問との指摘もあるようです。そういった意味で、戸建てでは耐震性能レベルを最近のトレンドよりも低く設定することが多いのです。

スポンサーリンク

【ご近所付き合い】戸建て・マンション比較表

【ご近所付き合い】戸建て・マンション比較表

【ご近所付き合い】戸建て・マンション比較表
 戸建てマンション
おすすめは?
理由

こちらも比較は難しいですが、

マンションは組合員になる必要があり、組合の話し合いで修繕やリフォームなどの必要性や採決を行います。貯蓄や生活力、考え方の違いで意見が食い違うと外壁の張り替えすらできなかったりと、人間関係は続きます。

加えて、専業主婦や自営業は家にいることが多いからという理由で強制的に役割を任されたという口コミも散見されます。

一方、戸建ては建築前や引越し後のご近所挨拶をしないとあとあと面倒なことになったり、土地の境界線の問題も取り沙汰されています。

いずれも住んでみるまでわからないことですが、人間関係は切っても切れないようです。大切にしましょう。

スポンサーリンク

【番外編】マンション・戸建ての口コミ

【番外編】マンション・戸建ての口コミ

最後にマンション、戸建てに実際に住んだ方たちの口コミを番外編として紹介します。

マンションの口コミ

  • タワーマンションでは優越感に浸れる
  • 上層階は眺めがいい
  • 強風で洗濯物が干せない
  • 強風で窓が開けられない
  • エレベーターの待ち時間でイライラ
  • 隣に変な入居者がいるが引っ越せない

戸建ての口コミ

  • 子供やペットが庭で走り回っているのを見たとき、買ってよかったと実感
  • 太陽光パネルのおかげで光熱費がゼロになった
  • 我が家という感覚が強く、一生住める安心感があった
  • 訪問・勧誘がマンションの時より増えた
  • 離婚して大きい家が不要になったが、なかなか売れない
スポンサーリンク

まとめ|戸建て・マンション比較表

ということで、ここまで戸建てとマンションを項目ごとに比較して参りましたが、いかがだったでしょうか?

マイホーム購入の最初にして最大とも言える決断ですので、こちらをお役立ていただきながら慎重に決断していただきたいと思います。

また、「なんか高そうだから」という理由でマンションに妥協しようと考える方も多いようですが、そんなことはありません。

まずは一度あなたの理想を形にしてみませんか?

間取り・資金計画シミュレーションまでタウンライフ家づくりで無料でやってもらえます。何事もまずは行動です。ぜひ活用してみてください。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました