【住宅|一括資料請求をしたら】電話・訪問と営業に追われるのか?

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

別に今すぐ家を建てたいわけではなく、

「何年か先に建てられたらいいかなぁ」

程度の気持ちでふらっと訪れたモデルハウス。

 

よくわかんないけどクオカード3000円分をもらい、

旅行券が当たるキャンペーンに応募しちゃって、

「家を買うかどうかもわからないのに…」

なんて罪悪感にさいなまれるままにアンケートに答え、

その後、しつこくもないけれど何度か営業の電話が来た。

 

なんて経験はあるあるかと思います。

1件のモデルハウスならこの程度ですが、住宅メーカー、ハウスメーカーの資料やカタログを一括請求した場合はどうなってしまうのでしょうか?実際に資料一括請求をしてみましたので情報をまとめさせていただきました。

「カタログは欲しいがセールスは面倒」

「気軽に資料請求したいけど、あまりに電話が来たり訪問があるのは困るな」

という方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

資料請求した住宅メーカー・ハウスメーカー一覧

まずは、今回資料請求した住宅メーカー・ハウスメーカーは

  • 一条工務店
  • 旭化成ホームズ
  • ダイワハウス
  • 住友林業
  • ミサワホーム
  • セキスイハイム
  • 三菱地所ホーム
  • アキュラホーム
  • パナソニックホームズ
  • 積水ハウス
  • カネカのお家
  • 富士住建
  • パワーホーム
  • イノスグループ
  • 大久保工務店
  • タマホーム
  • アイフルホーム
  • トヨタホーム
  • 住宅情報館

以上の19社です。

雑誌のカタログ一括請求や、公式サイトなどから資料請求をしました。大手ハウスメーカーを始め、気になる情報が記載されているカタログや資料があった会社からも取り寄せました。

ちなみに並びは、資料やカタログが早く届いた順です。

さて、まとめて19社に資料請求するとどうなるかを紹介していきます。

スポンサーリンク

カタログ・一括資料請求後、営業の電話があった会社

カタログ・一括資料請求後、営業の電話があった会社

まずは、カタログ資料請求後に営業の電話があった住宅メーカー・ハウスメーカーを紹介します。

カタログ・資料請求後に営業の電話があった会社
一条工務店 
旭化成ホームズ
ダイワハウス◯2回
住友林業
ミサワホーム
セキスイハイム
三菱地所ホーム 
アキュラホーム
パナソニックホームズ
積水ハウス◯2回
カネカのお家 
富士住建 
パワーホーム 
イノスグループ 
大久保工務店 
タマホーム
アイフルホーム 
トヨタホーム 
住宅情報館

という結果になりました。

資料請求した19社のうち、10社ですから半数程度しか営業の電話がなかったということになります。

ちなみに2回電話があった「ダイワハウス」「積水ハウス」に関しては、カタログ送付の前日に

  • 請求内容の確認
  • 他に求める資料の確認

と軽いヒアリングがあり、さらにカタログが届いた数日後に

  • 資料到着の確認
  • 感想のヒアリング

がありました。そこまでしつこい営業はありませんでした。

スポンサーリンク

カタログ・一括資料請求後、営業の自宅訪問があった会社

カタログ・一括資料請求後、営業の自宅訪問があった会社

次に、カタログ・資料請求後に営業の自宅訪問があった会社です。

資料請求後に営業の自宅訪問があった会社
一条工務店 
旭化成ホームズ 
ダイワハウス 
住友林業 
ミサワホーム 
セキスイハイム 
三菱地所ホーム 
アキュラホーム 
パナソニックホームズ 
積水ハウス
カネカのお家 
富士住建 
パワーホーム 
イノスグループ 
大久保工務店 
タマホーム 
アイフルホーム 
トヨタホーム 
住宅情報館 

非常に驚いたのですが、なんと19社中わずか1社でした。

しかもその1社の「積水ハウス」ですら、「郵送か訪問かお選び頂けます」とのことでしたので、回答によっては営業さんの自宅訪問は0だった可能性があります。

スポンサーリンク

カタログ・資料を自宅訪問でお届けだった会社

カタログ・資料を自宅訪問でお届けだった会社

これは資料請求をした住まいのエリアにもよるかと思いますが、カタログや資料を担当営業が手持ちする場合があります。

一般的には宅急便や郵送なのですが、手持ちの場合だいたいがアポなし訪問です。

資料・カタログの自宅訪問でお届けだった会社
一条工務店 
旭化成ホームズ 
ダイワハウス 
住友林業 
ミサワホーム
セキスイハイム 
三菱地所ホーム 
アキュラホーム
パナソニックホームズ 
積水ハウス 
カネカのお家 
富士住建 
パワーホーム 
イノスグループ 
大久保工務店 
タマホーム 
アイフルホーム 
トヨタホーム 
住宅情報館 

こちらは「ミサワホーム」と「アキュラホーム」の2社です。

いずれも「近くを営業で回っているものですから」ということで若い女性の営業さんが資料を手持ちしてきました。玄関先で多少カタログや資料の説明はありましたが、強引な営業は全くなくすぐに帰って行きました。

資料の他に「ボックスティッシュ」「ラップ」などの粗品までいただきました。

アポなしはちょっと困りますが、このくらいすんなり帰っていただけるなら許容範囲かなという印象です。

スポンサーリンク

結論|住宅メーカー一括資料請求した結果が意外だった

結論|住宅メーカー一括資料請求した結果が意外だった

 

今回、住宅メーカー・ハウスメーカーのカタログ・資料の一括請求をしてみた結果があまりにも意外でした。

私はもっと強引な営業や売り込み、鬼のような電話や訪問があるのかと思いきや、まさかの全社あっさり塩対応でした。

営業としてはどうなんだ?と思いますが、各社の資料やカタログを吟味し、絞って相談したかった私にとっては最高の結末でした。

こんな感じなので、一括資料請求に抵抗がある方も安心していただいて大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

住宅・ハウスメーカー一括資料請求のおすすめは?

一括資料請求のおすすめはタウンライフ家づくりです。

なぜならこのサイトは優良な住宅・ハウスメーカーに絞り、

  • 間取りプラン
  • 資金計画シミュレーション

まで無料でやってもらえるからです。

そもそも家作りってどのくらいお金がかかるの?じつは各メーカー金額も全然違うんです。

そんな疑問まで全て解決しますので、気軽に活用してみてください↓

大きな買い物です。後悔しないマイホーム購入計画を!

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました