【窓の種類ってこんなにあるの?】通気・採光・気密性は開き方がカギ

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

自分が家を建てる時にはあまり気にしていなかった窓の種類。

そもそも窓なんて左右に開閉するイメージしかなかったので、疑問にも思いませんでした。

しかし後々調べてみると、窓には種類がたくさんあり、その数だけ特徴や機能があったのです。

「家を建てる時に知っていればな」と後悔しましたので、これから家を建てる方やリフォームを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

窓の種類はこんなにたくさん

窓の種類 注文住宅 <a href=リフォーム” width=”892″ height=”535″ />

調べてみると窓の種類は形状や開閉方向だけでも豊富で、一般的なものだけでも

  • 引き違い窓
  • 外開き窓
  • 滑り出し窓
  • 上げ下げ窓
  • ルーバー窓
  • はめ殺し窓(FIX)
  • 折りたたみ窓
  • 出窓

と、こんなにあるんです。

それでは早速1つずつ特徴や機能を見ていきましょう。

LIXILオンラインショップ 内窓リフォーム

スポンサーリンク

引き違い窓の特徴や機能

引き違い窓はもっとも一般的な窓で、ガラスの面積や開閉の面積も大きくとれるので、通気性や採光に優れています。

スライドするだけなので開閉時に場所を気にすることなく、網戸との相性も良いです。

非常に使い勝手の良い窓なので、ポピュラーな窓と言えます。

スポンサーリンク

外開き窓の特徴や機能

外開き窓は、左右どちらかを軸にドアのように開閉する窓です。

閉めた時の気密性が高いことと、窓自体が外側に開くので風をキャッチしやすく、通風性に優れます。

左右対称の開き方で窓を対に設置すると、ヨーロピアンなデザインになります。

ただし、窓を開けると外に飛び出す形になるので、窓際に植樹したり隣家との距離が近い場合は注意が必要です。

また、網戸は内側にしか設置できません。

スポンサーリンク

滑り出し窓の特徴や機能

滑り出し窓は、窓の上の辺を軸に開閉する窓です。

上側も若干の開口があるので、換気、通風性にすぐれるほか、雨が降ってきた場合に他の窓よりも雨が吹き込みにくいのも特長です。

外開き窓と同様、家の外側に窓が飛び出す形で開くので、窓の外に障害物があると開かないので注意が必要です。

また、網戸は内側にしか設置できません。

スポンサーリンク

上げ下げ窓の特徴や機能

上げ下げ窓は、引き違い窓の開閉方向が上下になったような窓です。

上下とも開閉するものや、片方だけ開閉するものなど種類もあります。

上下に開くので、コンパクトなサイズでの設置が可能で、キッチンやトイレなどちょっとした場所にも設置できるので便利です。

また、気密性が高いため寒冷地でよく採用される窓です。

スポンサーリンク

ルーバー窓の特徴や機能

ルーバー窓は、ブラインドのように同形状・複数枚のガラスを並べた窓で、ハンドルを回すことで開閉します。

ガラスとガラスが重なっているだけなので気密性には難ありですが、開口率を柔軟に変えられるので、換気・通気性に優れます。

バスルームなど、視線を遮りつつ換気をしたい場合などに向いています。

別名ジャロジーとも言われます。

スポンサーリンク

はめ殺し窓(FIX)の特徴や機能

はめ殺し窓(FIX)は、窓枠に完全にはめ込み開閉できない窓です。

おもに採光のための窓として利用しますが、開閉する必要がないので丸型やデザイン性にこだわった形状にできるのが特長です。

手の届かない高い場所の、採光用の窓として用いられることが多いです。

スポンサーリンク

折りたたみ窓の特徴や機能

折りたたみ窓は、両側を窓枠いっぱいまで開放できるので抜群の通気性をもった窓です。

ウッドデッキなどのバルコニー側に大間口の折りたたみ窓を設置することで、リビングを広く見せたり、セカンドリビングとして活用するのがトレンドです。

全開口サッシとも呼ばれ、昨今人気を集めています。

スポンサーリンク

出窓の特徴や機能

出窓は、その名の通り窓の部分が飛び出した形状の窓です。

飛び出した部分は日当たりの良い棚ができるので、これを活用して植物を育てたり、小物を飾ったり、猫などペットのお昼寝場所として活用することもできます。

家の外から見た場合も、デザイン性に優れ、カーテンなどをアレンジすることでオシャレな外観の家を作ることができます。

スポンサーリンク

窓が違えば家も大きく変わる

窓の種類 オシャレな窓の家

実際に調べてみると、窓の種類がこんなにもあったのかと驚かされました。

窓は家の外観、インテリアの印象を変えますし、サッシの種類やガラスの種類なども組み合わせることで結露やカビ対策、室温の快適さも大きく変わります。

→窓ひとつで家の快適さは大違い。サッシとガラスの種類を知る

たかが窓、されど窓です。

これから長く住むマイホームですから、特に注文住宅でマイホーム購入を検討されている方はしっかりと吟味しましょう。ハウスメーカーによって窓の特長も大きく違いますので、比較検討の材料にもなります。

いくつかのハウスメーカーを比較検討したいという方は、間取りだけでなく、資金計画や土地探しまで無料サポートしてくれる「タウンライフ家づくり」をおすすめします。

無料ですので、ちょっと不安だという場合には気軽に利用してみてください↓

リフォームを検討する場合はアイディアから見積もりまで複数社を一括比較できるタウンライフリフォームがおすすめです。ぜひ賢いリフォーム計画にお役立て下さい。

それでは。

LIXILオンラインショップ 内窓リフォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました