【戸建てメンテナンス|時期と費用】修繕費は計画的な積み立てを

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

待ちに待った夢のマイホーム引き渡し。憧れの戸建てでの生活が始まります。

まずは大いに満喫していただいて、少し落ち着いたら今後の資金計画をしましょう。

マンションでも戸建てでも、マイホームの支払いは住宅ローンだけではありません。

その内の1つに、修繕費があります。

スポンサーリンク

修繕費とは?

【戸建てメンテナンス|時期と費用】修繕費は計画的な積み立てを

修繕費とは、外壁や屋根、建物の柱や土台のほか、トイレやキッチンに至るまで、日々生活していく中で劣化、老朽化していくもののメンテナンス費用です。

外壁の変色などでしたら、住む人が気にしなければメンテナンスの必要はないですが、柱の腐食などは命にも関わる放置できない問題です。

また、お風呂やトイレの故障は日々の生活に影響しますので、故障などがあった際には緊急的に修理や買い替えが必要です。

このように、マイホームの場合はメンテナンスや修理のためのお金、つまり修繕費が必要になるのです。

しかも、時に高額になる修繕費は計画的に積み立て、準備をしておく必要があるのです。

それでは、具体的に戸建ての場合のメンテナンス費用と、目安の時期を確認していきます。

スポンサーリンク

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用
時期5〜6年で点検
費用1回あたり15〜30万円
ポイント

シロアリ被害や腐食が気になる部分。

建物寿命に直結するので傷みが見つかったら、なるべく早く施工業者に問い合わせを。

新築時に防蟻剤を塗りますが、効果は5年ほどと言われています。

スポンサーリンク

屋根のメンテナンス時期と費用

屋根のメンテナンス時期と費用

屋根のメンテナンス時期と費用
時期
  • 5〜6年で点検
  • 7〜10年で塗装工事
  • 15〜30年で全面葺き替え(ふきかえ)検討
費用

1回あたり50〜200万円(簡単な修理は〜10万円)

  • 雨どい、スレート屋根、瓦差し替え5〜10万円
  • 葺き替え(ふきかえ)60~200万円
  • 塗装40~80万円
ポイント

破損するとそこから雨水が入るので、建物寿命に関わります。

梁などに影響が出てからでは手遅れになるので、早めに施工業者に依頼をしましょう。

スポンサーリンク

外壁のメンテナンス時期と費用

外壁のメンテナンス時期と費用

外壁のメンテナンス時期と費用
時期15〜20年で塗り直し、全面補修の検討
費用

50〜100万円

コーキング5〜15万円

ポイント

ヒビや剝がれ落ちなど、外壁が傷んでいると外観も古びた印象になります。

最近外壁で主流の「サイディング」は耐久性に優れますが、その継ぎ目に使われるコーキング剤にはそこまでの耐久性がなく、定期的なメンテナンスが必要になります。

スポンサーリンク

トイレのメンテナンス時期と費用

トイレのメンテナンス時期と費用

トイレのメンテナンス時期と費用
時期

毎年点検

10〜20年で交換

費用25〜50万円
ポイント

トイレは本体だけでなく、排水関係もメンテナンスが必要になります。壊れた場合には早急に買い換える事になり急な出費です。

値段はピンキリですが、毎日、そして長く使うものなので日々のメンテナンスや節水も考えると、あまり安いものは避けたいところです。

スポンサーリンク

お風呂のメンテナンス時期と費用

お風呂のメンテナンス時期と費用

お風呂のメンテナンス時期と費用
時期10〜20年
費用60〜150万円
ポイント

トイレ同様排水関係と浴槽本体のメンテナンスや修理に加え、給湯器関係のチェックも必要です。

本体価格はやはりさまざまですが、トイレ同様で節水や保温効果などに期待出来る製品にすることで、結果的に水道光熱費や日々の掃除の手間に影響が出ます。

スポンサーリンク

ガス設備のメンテナンス時期と費用

ガス設備のメンテナンス時期と費用
時期10〜20年
費用各ガス会社による
ポイントガス関連の設備は、メンテナンス不良やトラブルが思わぬ事故につながることもあるので、毎年の点検がおすすめです。
スポンサーリンク

戸建てリフォーム費用

戸建て<a rel=リフォーム費用” width=”643″ height=”431″ />

参考までに、その他にリフォームの必要性がでてくるであろう設備も紹介します。畳の交換や、オール電化、床暖房の導入など、リフォームをしていくことで、生活しながらさらに快適にしていくことができますが、その際の目安費用です。

戸建てリフォーム費用
リフォーム内容基準費用目安
壁紙・クロス張り替え3LDK分20〜50万円
畳の交換6畳分5〜10万円
キッチン入れ替え

システムキッチン交換

内装工事・撤去

50〜150万円
設備

オール電化設置

エコキュート

80〜120万円
床暖房8畳分を導入30〜50万円
スポンサーリンク

まとめ|戸建てメンテナンス時期と費用

ということで、ここまで戸建てのメンテナンス時期と費用について紹介してまいりましたがいかがだったでしょうか?

最近では、10年までは無償でメンテナンス保証をしてくれる建築会社も増えましたが、点検などはこちらから声をかけないと放って置かれることもしばしばです。

また、いずれにせよ修繕費は必要になりますので、毎月少しづつでも計画的に修繕費を貯めておきましょう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました