【戸建てメンテナンス|時期と費用】修繕費は計画的な積み立てを

待ちに待った夢のマイホーム引き渡し。憧れの戸建てでの生活が始まります。

まずは大いに満喫していただいて、少し落ち着いたら今後の資金計画をしましょう。

マンションでも戸建てでも、マイホームの支払いは住宅ローンだけではありません。

その内の1つに、修繕費があります。




スポンサーリンク

修繕費とは?

【戸建てメンテナンス|時期と費用】修繕費は計画的な積み立てを

修繕費とは、外壁や屋根、建物の柱や土台のほか、トイレやキッチンに至るまで、日々生活していく中で劣化、老朽化していくもののメンテナンス費用です。

外壁の変色などでしたら、住む人が気にしなければメンテナンスの必要はないですが、柱の腐食などは命にも関わる放置できない問題です。

また、お風呂やトイレの故障は日々の生活に影響しますので、故障などがあった際には緊急的に修理や買い替えが必要です。

このように、マイホームの場合はメンテナンスや修理のためのお金、つまり修繕費が必要になるのです。

しかも、時に高額になる修繕費は計画的に積み立て、準備をしておく必要があるのです。

それでは、具体的に戸建ての場合のメンテナンス費用と、目安の時期を確認していきます。

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用

基礎・土台・柱・梁のメンテナンス時期と費用
時期5〜6年で点検
費用1回あたり15〜30万円
ポイント

シロアリ被害や腐食が気になる部分。

建物寿命に直結するので傷みが見つかったら、なるべく早く施工業者に問い合わせを。

新築時に防蟻剤を塗りますが、効果は5年ほどと言われています。

屋根のメンテナンス時期と費用

屋根のメンテナンス時期と費用

屋根のメンテナンス時期と費用
時期
  • 5〜6年で点検
  • 7〜10年で塗装工事
  • 15〜30年で全面葺き替え(ふきかえ)検討
費用

1回あたり50〜200万円(簡単な修理は〜10万円)

  • 雨どい、スレート屋根、瓦差し替え5〜10万円
  • 葺き替え(ふきかえ)60~200万円
  • 塗装40~80万円
ポイント

破損するとそこから雨水が入るので、建物寿命に関わります。

梁などに影響が出てからでは手遅れになるので、早めに施工業者に依頼をしましょう。

外壁のメンテナンス時期と費用

外壁のメンテナンス時期と費用

外壁のメンテナンス時期と費用
時期15〜20年で塗り直し、全面補修の検討
費用

50〜100万円

コーキング5〜15万円

ポイント

ヒビや剝がれ落ちなど、外壁が傷んでいると外観も古びた印象になります。

最近外壁で主流の「サイディング」は耐久性に優れますが、その継ぎ目に使われるコーキング剤にはそこまでの耐久性がなく、定期的なメンテナンスが必要になります。

トイレのメンテナンス時期と費用

トイレのメンテナンス時期と費用

トイレのメンテナンス時期と費用
時期

毎年点検

10〜20年で交換

費用25〜50万円
ポイント

トイレは本体だけでなく、排水関係もメンテナンスが必要になります。壊れた場合には早急に買い換える事になり急な出費です。

値段はピンキリですが、毎日、そして長く使うものなので日々のメンテナンスや節水も考えると、あまり安いものは避けたいところです。

お風呂のメンテナンス時期と費用

お風呂のメンテナンス時期と費用

お風呂のメンテナンス時期と費用
時期10〜20年
費用60〜150万円
ポイント

トイレ同様排水関係と浴槽本体のメンテナンスや修理に加え、給湯器関係のチェックも必要です。

本体価格はやはりさまざまですが、トイレ同様で節水や保温効果などに期待出来る製品にすることで、結果的に水道光熱費や日々の掃除の手間に影響が出ます。

ガス設備のメンテナンス時期と費用

ガス設備のメンテナンス時期と費用
時期10〜20年
費用各ガス会社による
ポイントガス関連の設備は、メンテナンス不良やトラブルが思わぬ事故につながることもあるので、毎年の点検がおすすめです。

戸建てリフォーム費用

戸建てリフォーム費用

参考までに、その他にリフォームの必要性がでてくるであろう設備も紹介します。畳の交換や、オール電化、床暖房の導入など、リフォームをしていくことで、生活しながらさらに快適にしていくことができますが、その際の目安費用です。

戸建てリフォーム費用
リフォーム内容基準費用目安
壁紙・クロス張り替え3LDK分20〜50万円
畳の交換6畳分5〜10万円
キッチン入れ替え

システムキッチン交換

内装工事・撤去

50〜150万円
設備

オール電化設置

エコキュート

80〜120万円
床暖房8畳分を導入30〜50万円

まとめ|戸建てメンテナンス時期と費用

ということで、ここまで戸建てのメンテナンス時期と費用について紹介してまいりましたがいかがだったでしょうか?

最近では、10年までは無償でメンテナンス保証をしてくれる建築会社も増えましたが、点検などはこちらから声をかけないと放って置かれることもしばしばです。

また、いずれにせよ修繕費は必要になりますので、毎月少しづつでも計画的に修繕費を貯めておきましょう。

それでは。




スポンサーリンク

シェアする