【階段を制するモノは間取りを制す】種類を知って快適なマイホーム作り

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

階段の種類を知れば、間取りの自由度が増します。昇り降りはあたりまえ、階段そのものを自慢のインテリアにしたり、無駄な廊下をカットして部屋を広くしたりすることも可能です。

階段を制するものは間取りを制す

そのくらい重要な設備なのに、マイホームの間取り計画で、なんとなく決まってしまいがちなのが「階段」です。

どちらかといえば、階段下を「収納」にしようか「トイレ」にしようか、階段そのものよりもいかに無駄なく活用するかに着目されがちです。

しかし、いまや階段は種類や機能も増え、家のイメージをがらりと変えるものまであるのです。

今回はそんな軽く見られがちな「階段の種類」に着目して紹介してまいります。これからマイホームやリフォーム計画という方はぜひチェックをしてみてください。

スポンサーリンク

階段の種類

階段の種類

「玄関を開けたら、目の前にまっすぐ伸びた階段。あるいは、玄関をあけて廊下を曲がったら登場。」

いわゆるこれまでの階段は、そんなイメージかと思います。しかし、建築技術の向上やマイホームトレンドの歴史の中で「階段」も進化しました。

  • インテリア
  • 安全性
  • 省スペース
  • 緩勾配

など、種類によって機能や用途は様々です。その種類は増え、いまや階段の種類は、

階段の種類

  • 直線階段
  • かね折れ階段
  • 回り階段
  • 折り返し階段
  • らせん階段
  • 箱階段
  • 側げた階段
  • 力げた階段
  • ささら桁階段(シースルー階段)

と豊富になりました。その中でも、形状的に特徴が分かれる階段に分類すると、

  • 直線階段
  • 折り返し階段
  • ささら桁階段(シースルー階段)
  • らせん階段

の4つです。

それではそれぞれの特徴を確認していきましょう。

スポンサーリンク

直線階段の特徴

直線階段 階段の種類

  • 省スペース
  • 階段下を活用しやすい
  • 間取りの自由度が低い
  • 転倒の際のリスクが高い

直線階段はもっともポピュラーなタイプで、その名の通りまっすぐに伸びた階段です。途中で折り返したりすることもないので、階段の床面積が少なくて済みます。

まっすぐに伸びているので階段下活用の自由度は上がる一方で、昇る方向が限定されるため間取りの自由度は下がります。

また、万が一の転倒では途中で止まらず一番下まで落ちるリスクがあります。回避策として途中に踊り場を設けるという手はありますが、当然その分だけ階段に使う床面積は増えます。

スポンサーリンク

折り返し階段の特徴

折り返し階段 階段の種類

  • 間取りの自由度が高い
  • アレンジが豊富
  • ややスペースをとる

折り返し階段もその名の通り、階段を中腹で折り返した階段です。吹き抜けを採用したリビングに取り入れたり、折り返す分だけコンパクトになるので、建物の角にまとめたりと、間取りの自由度が上がります。折り返す角度も選択できるので、面白みのある家を演出することもできます。

直線階段のような落下時のリスクは軽減されますし、途中に踊り場を設けて休憩スペースにしたり、さらに広げてステップフロアとして遊び心を設けたり家事スペースにすることもできます。

スポンサーリンク

ささら桁階段(シースルー階段)の特徴

 

ささら桁階段は、階段上にギザギザに刻まれた中桁に段板(踏み板)を乗せた階段です。写真をご覧いただいた方がわかりやすいと思います。

ささら桁階段(シースルー階段)の特徴

  • デザイン性が高い
  • 開放感がある
  • 強度は高くない
  • 昇降時に人目が気になる

階段の蹴上と呼ばれる部分がなく、正面や対面から見ると階段の向こうが透けて見えることからシースルー階段とも呼ばれています。

最近では、家族のコミュニケーションを目的に、玄関横ではなくあえてリビングに階段を設ける間取りが人気です。ただ、リビングの広さを確保できない場合、通常の階段ですと圧迫感がでるのですが、このシースルー階段ならば開放感を確保しつつ設置できます。また、最近では手すりや踏み板の種類やカラーなども豊富になり、デザイン性の高い階段でリビングのインテリアにもなります。

一方、他の階段に比べて強度は劣る点、良くも悪くもシースルーなので昇降時に人目が気になるのが難点です。

スポンサーリンク

らせん階段の特徴

らせん階段は、軸を中心に回り、らせん状に昇降するタイプの階段です。

らせん階段 階段の種類

  • デザイン性が高い
  • ロフトへの階段に向いている
  • 昇降しにくい
  • 昇降時人目が気になる

らせん階段の一番の特徴はそのデザインです。家にらせん階段があれば、ゲストの目を引くこと間違いなしの自慢のポイントになるでしょう。

昇降の機能だけでなく、インテリアの要素が一番高いのがこのらせん階段ですが、肝心の昇降のしやすさは難ありです。

また、シースルー階段同様のデメリットも残りますので、採用する際はよく検討しましょう。

参考までに、らせん階段をにおすすめなのは「ロフトへの階段」です。

一般的に上の階ほど床面積は狭くなり、階段に配分できる面積も狭くなります。しかし、らせん階段ならコンパクトなスペースで高い位置まで行くことができます。

昇降のしづらいらせん階段を、日常使いの場所に設置すると大変ですが、ロフトへの階段など使用頻度の低い場所、省スペースの場所でも設置できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

階段を制するものは間取りづくりを制する

階段の種類 おしゃれな階段

たかが階段、されど階段、選ぶ種類によっては

  • 安全性の確保
  • デザイン性
  • 省スペース
  • 間取りの自由度

など、さまざまなメリットやデメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

階段の入り口(下の階)と出口(上の階)を自由に選べれば、ムダな廊下に床面積を取られる必要もなくなります。

省スペースな階段を採用すれば、間取りの自由度は飛躍的にアップします。

そうなんです。階段を制するものは間取りづくりを制するのです。

これから間取り決め、マイホーム計画序盤、あるいはリフォームを検討している方はぜひ参考にしていただければと思います。

私はこんなにたくさんの階段があることを知らず「玄関横に普通の階段」というありきたりなことをしてしまいました。

皆さんは後悔しないように、さまざまな間取りプランを出してもらってください。

これからマイホーム購入計画という方は、階段のアレンジや豊富な間取りプランだけでなく、資金計画や土地探しまで無料サポートしてくれる「タウンライフ家づくり」をおすすめします。

無料ですので、ちょっと不安だという場合には気軽に利用してみてください↓

リフォームを検討する場合はアイディアから見積もりまで複数社を一括比較できるタウンライフリフォームがおすすめです。ぜひ賢いリフォーム計画にお役立て下さい。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました