【住宅ローン審査通過のコツ】最低条件・職業・信用・注意すべき点

まずはじめに、私のようにマイホーム情報を「調べすぎ」て、逆にだんだん「わからなく」なってしまった方に「タウンライフ家づくり」「LIFULL HOME’S 住まいの窓口」をおすすめしておきます。有名なサイトですが、一旦情報をまとめるのに便利です。

さて、

今回は絶対に住宅ローンの審査を通過したい方必見です。

過去にサラ金からの借り入れがあったり、今まさに借金返済の真っ最中だったり、クレジットカードの返済が滞った経験のある人は、住宅ローンの審査が通るか不安かと思います。

また、そうでない人でも「私の収入で家なんか買えるのかな。」と不安になる方もいるかと思います。

サラ金に400万円の借金を返済中の方でも3000万円ほどの融資が内定したケースもありますので、多くの場合で、住宅ローンは組めると安心していただきたいのですが、思わぬ落とし穴や注意点があります。

今回は、住宅ローン審査を通すコツを紹介してまいります。




スポンサーリンク

住宅ローン審査通過の一般的な最低条件は?

まずは、住宅ローン審査通過の一般的な最低条件から紹介します。

住宅ローン審査通過の一般的な最低条件
勤続年数1〜3年
年収250万円〜
健康状態団体信用生命保険に加入できる健康状態
国籍日本国籍

上記表に当て余っていることが概ねの最低条件です。

ただ、フラット35など、勤続年数が1年未満でも審査通過する住宅ローンもありますので、転職したばかりの方でも諦める必要はありません。

また、収入は高い低いよりも安定した継続的な収入が見込めるかどうかが通過のポイントになります。

住宅ローンの審査の対象は?

住宅ローンの審査の対象は?

 

次に、住宅ローン審査ではどのようなことが審査されるのかをチェクしていきましょう。

  • 借主の年収
  • 負債(他社借り入れ)
  • クレジットカード融資枠
  • 借主の年齢
  • 健康状態
  • 家族構成
  • 居住先の状況
  • 居住年数
  • 勤務先
  • 勤務先での役職や地位
  • 勤続年数

こういった部分が審査の対象となります。

住宅ローン審査が通りやすい職業

住宅ローン審査が通りやすい職業

住宅ローンの銀行の審査基準は年収だけではありません。職業によっても審査の通過しやすさが違うのです。

以下は、housingという書籍よりの抜粋です。

住宅ローンの審査が通過しやすい職業
職業年収通過理由
公務員500万円A毎月決まった給料を得られ、失業の可能性も低い公務員は断然有利
正社員400万円A毎月決まった給料を得られる正社員は、安定感があるため審査有利

フリーランス

(デザイナー)

400万円B3年間利益の額面が減っていなければ安定とみなされるケースが多い
自営業300万円B安定経営の証拠を見せる必要がある。店舗併用住宅なら融資対象が住宅部分のみになる場合もある
スポーツ選手1億円D現在の年収が高くとも、来年どうなるかわからないことから審査通過は厳しく見られる。現金での購入がおすすめ。

芸能人

youtuber

1000万円D人気商売はスポーツ選手同様、来年どうなっているのかがわからないので審査基準は厳しいです。現金購入がおすすめ。
公務員(産休)(400万円)B公務員は安定がありますが、休業中は審査が厳しくなります

フリーター

パート

200万円D短期間、短時間のアルバイト、パートが住宅ローンを組むのはかなり厳しい。正社員になるか現金購入を。
派遣OL300万円C原則3年以内の間接雇用なので契約社員よりも不利。独身女性の借り入れは今も厳しく、専用ローンの活用を
契約社員500万円C原則3年以内に更新する直接雇用、専門職が多いので個人差はあるが、勤続年数・収入により審査の通過しやすさが変化

ご覧のように、住宅ローンの審査は、現在の年収よりも将来まで安定して返済し続けることができるかどうかで通過しやすさが決まってきます。

もちろん、年収が高いほど借り入れできる金額は高くなります。

住宅ローン審査を通過するコツ

職業や年収は今すぐに変えることができません。

住宅ローン審査を通過するために転職して、数年勤務して、などとしていれば当然ローン返済の期間も短くなり月の返済額も増えてしまいます。

ということで、なるべく早く住宅ローンの審査を通過するコツを紹介します。

夫婦の収入を合算しローンを組む

夫婦の収入を合算しローンを組む

まずは夫婦の収入を合算して住宅ローン審査に出す方法です。

夫婦の収入を合算することで、どちらか一方の収入では届かなかった額の借り入れが可能になります。

理想的な住宅ローンの借り入れ目安額は、年収負担率25%ほどで考えられます。

夫の年収が500万円の場合、3100万円程度。

これに妻の年収100万円を足すと、

夫婦の合算年収が600万円と計算され、目安ですが3700万円程度まで借り入れが可能になります。

住宅ローンの借り入れ希望額を下げる

住宅ローンの借り入れ希望額を下げる

これは逆転の発想なのですが、銀行としても

「3000万円は融資できないが、2000万円なら融資できる」

という場合が当然あります。

ですから、最初から借入希望額を低くして審査を出すという方法です。

マイホーム購入は大きな買い物ですが、最近は優良なローコスト住宅なども人気です。耐震性能も、断熱性能も、機能も、建材も最高クラスのハウスメーカーで買うのとでは、はるかにコストダウンを計れ、しかも基準は満たしているので安心です。

ですから、各ハウスメーカーに相見積もりをとり、自分の理想のマイホームを、自分の借り入れ可能な範囲で建てられるメーカーを選ぶことが、住宅ローン審査を通す一番の近道です。

おすすめはタウンライフ家づくりです。(→マンションはこちら

なぜならこのサイトは優良な住宅・ハウスメーカーに絞り、

  • 間取りプラン
  • 資金計画シミュレーション

まで無料でやってもらえるからです。

そもそも家作りってどのくらいお金がかかるの?じつは各メーカー金額も全然違うんです。

そんな疑問まで全て解決しますので、気軽に活用してみてください↓

不要なクレジットカードは解約

不要なクレジットカードは解約

住宅ローン審査に、クレジットカードの融資枠も含まれています。

クレジットカードは言ってみれば、借り入れしようと思えばすぐにでも借金できてしまうため、金融機関としては警戒するのです。

使っている・いないに関わらず対象になりますので、このタイミングで事前に解約しておくことをおすすめします。

リボ払いやキャッシング残高も要注意です。

自動車ローン他借り入れを加味する

自動車ローンなど、他のローンがある場合は、その分の年間の返済額も年収負担率に加味されますので、住宅ローンの借り入れ可能額にも影響してきます。

ですから、その額も含めて借り入れできるレベルで審査に出すことが通過しやすくするコツです。

担当者に説明すれば、借り入れ審査額を提案してもらえますので、まずは相談しましょう。

住宅ローン審査の注意事項

次に、住宅ローン審査をする際の注意事項を紹介しておきます。

仮審査を不用意にしない

仮審査を不用意にしない

銀行に相談しに行くと、担当者が「とりあえず仮審査出してみましょう」と気軽に提案してきますが、これには注意です。

審査が通過しなかった時に、取り返しがつかなくなることがあります。

住宅ローンの審査は、各金融機関が提携している保証会社が行い、そこで得られた情報は各金融機関で共有されます。

ですから一度ローン審査で「否決」されてしまうと、他の銀行でも審査が通りにくくなってしまいます。

しかも、銀行の担当者はなぜ「否決」されたのかを説明してくれませんので、あれこれと推測して対応せざるを得なくなります。

ですから、仮審査だからと軽く捉えずに、こちらの記事に記載のような対策を施し、万全の準備で挑みましょう。

過去の支払い遅延・延滞に注意

過去の支払い遅延・延滞に注意

住宅ローンの審査には、過去の支払いに関してもチェックが入ります。

  • 税金
  • 家賃
  • 他社借り入れ
  • 携帯代
  • 水光熱費
  • レンタルビデオ
  • クレジットカード

このあたりの支払い遅延が一定日数を超えていると、信用のない人間と認定され、ブラックリストのようなものに載ります。

一度リスト入りすると、数年間は名前が消えず、その間はほぼ間違いなく住宅ローンの審査は通過しません。

不安なようでしたら、

  • 株式会社シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

で情報を開示してもらえます。

まとめ|住宅ローン審査通過のポイント

まとめ|住宅ローン審査通過のポイント

ということで、ここまで紹介してきたように、住宅ローン審査通過の条件は

  • 年収によって借り入れ限度額決定
  • 継続的な安定した収入で審査通過しやすく

という一般的な条件だけでなく、過去の自分の信用やクレジットカードの借り入れ可能枠なども影響することを紹介させていただきました。

現在借り入れがある・ない以上に、借りたものを約束通りに返しているか、支払っているかの方が重要視されるのです。400万円のサラ金の借金があっても住宅ローンを組めた方がいるのがなによりの証拠です。

自分がお金を貸す側の立場だと想定すれば、理解しやすいかと思います。

また前述の通り、各ハウスメーカーに相見積もりをとり、自分の理想のマイホームを、自分の借り入れ可能な範囲で「建てられるメーカー」を選ぶことが、住宅ローン審査を通す一番の近道です。

おすすめはタウンライフ家づくりです。(→マンションはこちら

なぜならこのサイトは優良な住宅・ハウスメーカーに絞り、

  • 間取りプラン
  • 資金計画シミュレーション

まで無料でやってもらえるからです。

そもそも家作りってどのくらいお金がかかるの?じつは各メーカー金額も全然違うんです。

そんな疑問まで全て解決しますので、気軽に活用してみてください↓

マイホームは大きな買い物です。じっくりと検討していきましょう。

それでは。






スポンサーリンク

シェアする