【注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット】マイホーム購入計画

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

夢のマイホームをマンションではなく一戸建てにしようと決心すると、次の分岐点は「建売住宅」か「注文住宅」かになるかとおもいます。

もちろんそれぞれに特徴やメリット・デメリットがありますので、一概にどちらがいいとも言えません。

ということで、今回は建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットについて紹介してまいりますので、ぜひお役立てください。

スポンサーリンク

建売住宅のメリット

まずは建売住宅のメリットについて紹介していきます。

価格が安い|建売住宅のメリット

価格が安い|建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは、何よりもその安さが挙げられます。

あくまでも注文住宅と比較してということになりますが、その額は数百万円以上、場合によっては数千万円の差が出る事もあります。

理由としては、同じ図面、設計図を複数の住宅に利用しているので設計代が浮いている事が挙げられます。また、建売住宅の多くは数棟をまとめて建築するので、材料も大量発注でコストダウンを実現しています。

好立地の物件が多い|建売住宅のメリット

好立地の物件が多い|建売住宅のメリット

建売住宅のメリットとして好立地の物件が多い事も挙げられます。一般的に建売住宅は、一般人が家を建てるためには購入できないような大きな区画を業者がまとめ買いし、それを一戸建てサイズに分割して販売します。

これにより土地の選択肢の幅が広がり、駅近の立地や大型スーパーが近い物件などを手に入れる事ができるのです。

購入前に生活のイメージをしやすい|建売住宅のメリット

購入前に生活のイメージをしやすい|建売住宅のメリット

建売住宅は、その名の通りすでに完成しているので、モデルハウスなど購入前に内見できることも大きなメリットと言えます。

寝室をどこにするのか、家具のサイズは合うのか、日当たりはどうか、寒くないかなどのチェックもできますし、壁紙や床の色味も確認できるので、インテリアのイメージもしやすいのです。

入居までの期間が短い|建売住宅のメリット

当然ですが、建売住宅はすでに建っているので、注文住宅に比べて入居までの期間が短いです。

マイホーム購入が決まると、わくわくして、早く入居したくなるものです。そのやきもきした期間が短いという事は、単純に嬉しいだけでなく、住宅ローンの返済を早く始められるので老後の計画も若干ですが楽になります。

売りやすい|建売住宅のメリット

売りやすい|建売住宅のメリット

建売住宅は多くの家庭にマッチした間取りで設計されているので、将来さまざまな理由から手放すことになった場合、土地だけでなく建物も同時に販売できる可能性が高くなります。

マイホームを売却する場合、多くは10年を超えると建物の価値はほぼなくなってしまいますが、10年以内であれば、定番の間取りほど売りやすくなるのです。

スポンサーリンク

建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットは、構造の部分(壁の中や基礎)をチェックできないという事です。

知人など信頼できる業者があるならば別ですが、そうでなければできるだけ大手をおすすめいたします。もちろん大手でも施工不良などのニュースはありますが、名もない会社の建売住宅は避けましょう。

コスト削減のために、断熱材をケチっていた、耐震強度が不十分などという事が後々発覚し、文句や裁判をしようとその業者を探したら、そもそもそんな会社が存在しなかったという話は実際にあるのです。

特に注意していただきたいのは、電信柱に「建売住宅2980万円」などと張り紙をしている業者です。そもそも電信柱に勝手に張り紙をする事は法律的に禁止されています。そういう物件に限って、会社名も明記せず、電話番号だけを載せているものです。

大きな買い物ですので、細心の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

注文住宅のメリット

次に、注文住宅のメリットについて紹介していきます。

自由設計|注文住宅のメリット

自由設計|注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、建築法の枠内であればどんな間取りにもできる自由設計です。

外観、内観、窓の位置や形、階段の位置やステップフロアや畳スペースなど一風変わった間取りからコンセントの位置まで、建築法に沿っていれば意のままというのが醍醐味です。

どうしてもこのインテリアを置きたい、などというこだわりも全て実現可能です。

コスト調整がしやすい|注文住宅のメリット

コスト調整がしやすい|注文住宅のメリット

注文住宅は、確かに建売住宅よりもコストがかかりますが、実はコスト調整をしやすいのも注文住宅ならではなのです。

  • 寝るだけだから寝室はコンパクトに
  • トイレは1個でいい
  • カーテンで仕切ってドアのコストを浮かそう

などなど、自分たちのこだわらないポイントは自由にコストカットしていく事が可能です。

逆にこれだけは絶対に譲れないというポイントにコストをかける事ができるのも注文住宅のメリットです。

→注文住宅の費用シミュレーション

建築素材|注文住宅のメリット

建築素材|注文住宅のメリット

建築素材のこだわる事ができるのも注文住宅のメリットです。

ヒノキ、マツ、樫、桜、ケヤキなど、建築に使われる木材のこだわりもあるかもしれません。

建売住宅では絶対に採用されないような色味の外壁を使い、誰にも真似できないようなオリジナルなマイホームを建てる事もできます。

暑い、寒いが苦手な人は、断熱材にも、窓ガラスにもこだわれば、一年中快適な住まいになるでしょう。

このようにありとあらゆることを全て自分たちの思い描いた通りにできるのが注文住宅なのです。

スポンサーリンク

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、まずは建売住宅に比べてお金がかかるという事です。

また、計画から完成までの期間が長いです。少なくとも半年以上、長ければ1年以上かかります。

実際に完成してみたら、外壁や床、壁の色のイメージが違ったという可能性も出てきます。

また、大手ハウスメーカーに依頼をした場合、ある程度規格(窓の数や建築素材の種類、耐震構造など)が決まっていて、その枠を越えたこだわりを実現する事は可能ですが、その場合別料金でなかなかのコストアップとなるケースもあります。

スポンサーリンク

まとめ|注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット

という事で、ここまで注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

比較的低コストで、住んでからの雰囲気を体感しながら選べる建売住宅、1から10まで徹底的にこだわり抜いた愛着のある建売住宅。

しっかりと特徴をおさえ、後悔しないマイホームを購入しましょう。

マイホームで失敗したくないなら、遠慮せずに大手ハウスメーカーの費用や技術を一括比較しましょう。

おすすめはタウンライフ家づくりです。間取りプランから資金計画のシミュレーションまで、大手メーカーを比較できて便利です。何事もまずは行動です。ぜひ活用してみてください。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました