【団体信用生命保険】死亡・がん・高度障害も!おすすめの住宅ローン

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

住宅ローンのステップには、

  1. 住宅ローンの種類を決める
  2. 金利システムを決める
  3. 返済方法を決める
  4. リスク対策・団信を決める

の4つが必要です。

今回はその内の「リスク対策・団信」について紹介してまいります。

無事に住宅ローンを組み、マイホーム購入に一歩近づくと同時によぎる不安は「万が一」です。

住宅ローンの返済中に契約者が亡くなったり、高度障害になってしまった場合に、住宅ローンの支払いが免除されるシステム。

団体信用生命保険のしくみ

 

それが「団体信用生命保険」です。

団信の保障の手厚さや、上乗せ金利の条件は、住宅ローン選びの重要な比較検討材料です。

ひとえに団信と言っても、各金融機関さまざま商品を用意しているので、選択肢は豊富です。

今回はこの団体信用生命保険の保障を中心に、おすすめの住宅ローンを紹介して参ります。

借入先にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

住宅ローンの組み方をチェック

団体信用生命保険は、住宅ローンの組み方によって保障内容が変わります。

夫婦の住宅ローンの組み方借り方・返し方団体信用生命保険の保障内容
連帯保証型夫か妻の一方がローンを借りて、配偶者が保証人になる借りた本人が死亡した場合全額保障
連帯債務型1つのローンを夫婦で借りる
  • 片方の死亡では全額免除されない
  • フラット35の夫婦連生団信など別途商品もあり
ペアローン夫婦それぞれが違うローンを借りる死亡した人のローンのみ全額保障

最近では共働き世帯が増えたことで、連帯債務型やペアローンも増えてきました。

それぞれの特徴をしっかり押さえ、団信加入が必要な人を決めましょう。

スポンサーリンク

自分の病歴をチェック|団信加入条件

自分の病歴をチェック|団信加入条件

過去3年以内に以下の病歴があると、団信加入が難しくなります。団信加入が原則という金融機関が多い為、そもそも住宅ローン自体組むことを嫌がられる可能性も出てきます。

  • 心筋梗塞
  • 脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)
  • うつ病
  • 緑内障
  • がん

団信申込書には告知欄があり、3年以内の治療・手術歴を聞かれます。特に三大疾病は要注意です。

スポンサーリンク

年齢をチェック|団信加入条件

疾病保障付きの団信は一部年齢制限もあるので注意が必要です。

  • じぶん銀行→満50歳以下
  • 住信SBIネット銀行→満65歳以下
  • ソニー銀行→満50歳未満
  • りそな銀行→満50歳未満

多くの方が、上記年齢より若いうちに住宅ローンを組み始めるかとは思いますが、借り換えで疾病保障付きを検討している方は要注意です。

スポンサーリンク

団信加入時の上乗せ金利をチェック

さて、自己チェックで年齢や病気の面で問題がなければいよいよ住宅ローンをどこにしようか検討したいところですが、多くの方がまずは金利で比較されるかと思います。

この際に注意したいポイントが、団信加入の場合は多くの住宅ローンで「上乗せ金利」が発生します。

目先の金利で選択してしまうと、上乗せ金利の関係で逆転現象が起こるので注意が必要です。

銀行名変動型実質金利疾病団信加入の上乗せ金利最終金利
住信SBIネット銀行0.457%00.457%
りそな銀行0.429%0.3%0.729%
三井住友信託銀行0.475%0.4%0.875%
ソニー銀行0.457%0.2%0.657%

※マイホーム大全2019より

このように、変動金利だけをみると優位に立つ「りそな銀行」ですが、団信加入の上乗せ金利を加味すると「住信SBIネット銀行」に軍配が上がります。

しかし、上乗せ金利が0ですと金利が低いという旨味がある一方で、万が一の際に「疾病診断後12ヶ月経過」など、保険金が下りるまでの条件が厳しくなる傾向があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

団体信用保険おすすめ最強ランキング

団体信用保険おすすめ最強ランキング

ということで、これまでのことを加味した上でおすすめの団信ランキングを紹介していきます。これから紹介するランキングは、マイホーム大全2019に掲載されているものです。

上から順におすすめベスト5です。

団体信用保険おすすめ最強ランキング
 8大疾病保障
3大疾病5大慢性疾病
銀行名/商品名

変動

金利

保険料

がん(悪性新生物)急性心筋梗塞・脳卒中
りそな銀行/特定状態保障特約付住宅ローン<団信革命>0.429%0.30%

確定診断後

60日以上就業不能状態or治療を直接の目的とした手術

×

(※1)

住信SBIネット銀行/全疾病保障0.457%無料

就業不能状態12ヶ月経過後

就業不能状態12ヶ月経過後

就業不能状態12ヶ月経過後

じぶん銀行/11疾病保障団信0.457%0.30%

確定診断後

治療目的入院180日経過後

治療目的入院180日経過後

イオン銀行/8疾病保障0.520%0.30%

確定診断後

就業不能状態60日経過後

就業不能状態12ヶ月経過後

三井住友信託銀行/8大疾病保障0.475%

100%型0.40%

50%型0.20%

確定診断後

就業不能状態60日経過後

就業不能状態12ヶ月経過後

※1 16の特約状態になった場合はローン残高が0になる

金利の低さ、保障カバー範囲の広さ、保険金が下りる条件などから検証した結果、おすすめ団信ランキング1位は「りそな銀行/特定状態保障特約付住宅ローン<団信革命>」という結果になりました。

スポンサーリンク

まとめ|団体信用生命保険のおすすめ住宅ローン

団体信用生命保険のおすすめ住宅ローン

ということで、ここまで団体信用生命保険の選び方や、おすすめの住宅ローンを紹介して参りましたがいかがだったでしょうか?

マイホームは大きな買い物ですから、万が一のリスク、そして医療が発達した今、生きるリスクにも備えなくてはなりません。

その際に有効になるのが団体信用生命保険です。

生命保険は団信に任せて、医療保険、介護保険を手厚いものに変更するという方も多いようです。

いずれにせよ、住宅ローンの比較は、よく調べ、慎重に行いましょう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました