【建ぺい率一覧表】計算方法の実例と、異なる地域にわたる場合の計算

夢のマイホーム計画。なにから始めたら良いかわからないから、まずはモデルハウス見学行こう!

ちょっと待ってください!
「何もわからないから、とりあえずプロに」という気持ちはわかりますが、それはおすすめしません。

え?なんで?

このままではトーク上手な営業マンに「いろいろと」言いくるめられてしまうからです。
まずは、少し勉強を。そしてあなたにピッタリなハウスメーカーをみつけてから行くことで、マイホームの成功率がぐっとあがります。

例えば↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「おいおい、これ大丈夫か?」と感じられますか?

気づかなかった方は「ハウスメーカーやモデルハウス見学はちょっとストップ!」です。

これはマイホームの寿命にかかわる重要ポイントで、ちょっと勉強すれば、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と営業マンに質問できるようになります。

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業マンにあなたの人生を預けちゃダメです。

このままでは、↓のようにどんどん営業マンに進められてしまいます。

そんなことより、この家は鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。そろそろ大きい地震が来るなんて言われていて心配ですよね?だからうちは、揺れそのものを軽減する「制振システムが標準装備」なんです。いくら頑丈でも、揺れたら家の中はめちゃくちゃですからね。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。いままでと同じ家賃レベルの支払いで、安心と快適が手に入るのに。あ、おかえりの際に簡単なアンンケートだけ記入お願いしますね。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火事レベルの温度の前では、「鉄が強い」は無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はあるある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命のタイミングではない
  • アンケートに住所・氏名を書いた時点で、あなたの担当者は決まる。そう、目の前のこの人に。

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと基礎を勉強するだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本の勉強は必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持ちましょう。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、ここならまず間違いないでしょう。最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」はマイホーム計画をなにから始めたら良いかわからない初心者におすすめ。説明が丁寧で本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカーそれぞれの良さを「中立の立場」で伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの「予算」「見積もり」も届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

今回は、建ぺい率の一覧表と、それを元に具体的な計算方法を例題を用いて紹介してまいります。

また、土地が異なる用途地域にわたる場合の計算方法も紹介させていただきます。

スポンサーリンク

建ぺい率とは?

建ぺい率

建築基準法により、たとえ自分の土地であっても、建物を建てられる面積が定められています。この割合を建ぺい率と呼びます。

建ぺい率は、用途地域の区分によって原則の「%」が、かつ都市計画により決定されます。

→用途地域を詳しくチェック

スポンサーリンク

建ぺい率一覧表

まずは、建ぺい率一覧表を使い、用途地域ごとの建ぺい率を確認しましょう。

建ぺい率一覧表
用途地域

第一種低層

住居専用地域

第二種低層

住居専用地域

第一種中高層

住居専用地域

第二種中高層

住居専用地域

第一種

住居地域

第二種

住居地域

準住居地域田園住居地域近隣商業地域商業地域

原則

(次のうち、都市計画で定めるいずれか)

30%

40%

50%

60%

50%

60%

80%

30%

40%

50%

60%

60%

80%

80%

上記一覧表に加え、「防火地域内で耐火建築物」「特定行政庁が指定する角地」の場合は、それぞれ10%追加され、双方満たす場合は20%追加されます。

マイホームを建築する場合は、建築面積が占める敷地面積に対しての割合が、該当する建ぺい率以内に収まっている必要があります。

一覧表を出しましたが、実際に購入予定(所有)の土地の建ぺい率がいくつなのかは、市区町村の役所で教えてもらえます。具体的には「都市計画」の窓口です。

スポンサーリンク

建ぺい率の計算方法

建ぺい率の計算方法

それでは建ぺい率を計算してみましょう。

建ぺい率=建築面積÷敷地面積

です。

ですから例えば、

  • 135㎡の敷地面積
  • 第一種低層住居専用地域(建ぺい率30%40%50%60%)
  • 都市計画により建ぺい率40%と定められた土地
  • 防火地域ではない(追加なし)
  • 特定行政庁が指定する角地ではない(追加なし)

という住宅の場合、建ぺい率は40%ですから

この土地に建てられる最大建築面積は、

135㎡×40%=54㎡

ということになります。

スポンサーリンク

建ぺい率が異なる複数の地域にわたる場合

時には1つの土地でも異なる複数の地域にわたる場合があるかもしれません。

たとえば、100㎡の土地があり

  • 敷地の3/5が(60㎡/100㎡)の建ぺい率が80%
  • 敷地の2/5が(40㎡/100㎡)の建ぺい率が60%

という場合、単純にその土地の建ぺい率と土地の割合をかけあわせますので、

(60㎡×80%+40㎡×60%)÷(60㎡+40㎡)

=(480+240)÷100

=72%

ということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました