【家相には根拠があった】見方を理解し、間取りに採用する簡単な方法

これから大きな買い物をするみなさんに、ぜったいに知っておいて欲しいこと。

どうしてマイホーム計画では

「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメよ!」

と言われるのでしょうか?

まずは↓の画像をご覧ください。

断熱材に開けた穴 マイホームの基本

これを見て「あれ?これ、大丈夫かな?」と感じられますか?

そして担当者に、

換気口を設置するために、そこの断熱材に穴を開けていますが、御社ではその穴は最後どのように処理されていますか?

と質問できますか?

それは、あの〜、大丈夫です…。

こんな初歩的で重大な質問にすら答えられない営業さんに担当されちゃっていませんか?

このままでは、↓のように営業さんに上手くまとめられてしまいます。

そんなことより、うちは鉄骨造で木造より頑丈なので地震にも強くて安心です。日本に住んでいたら、地震って心配ですよね?しかも、揺れを軽減する制震システムが標準装備なんです。
それに鉄骨は火にも強いので安心です。火事で木造住宅が燃えているニュースなんかみると、胸が痛くなりますよ。

なんと魅力的で上手なセールストークの連発でしょう。

木造にも鉄骨造にもそれぞれメリット・デメリットがあるのに、鉄骨造の「メリットだけ」を伝え、都合の悪いことはこちらが質問するまで言わない。

さて、こんな(↓)住宅業界のあたりまえをご存知ですか?

  • モデルハウスにいる営業マンはほぼ、新人か業績を出せなかった人
  • 火災時の温度の前では「鉄が強い説」には無理がある(検証も多数)
  • 「木」より「鉄」は硬いが、地震のとき比較的揺れやすいのは鉄骨造だから、制震システムの標準搭載はよくある
  • この設備が「標準」ですって自慢げにセールスするけど、料金は結局あなたが払う
  • どんなに断熱性が高くても、換気システムが熱交換型じゃなきゃ冷気・暖気は入り込む
  • 今だけっぽいキャンペーンは、大体いつもやっているので運命ではない

こんな「え?そうなの?」と思えるような事は、ちょっと事前に基礎を学ぶだけでわかるようになります。
そして先輩たちが「いきなりモデルハウスやどこかの営業所に行っちゃダメ!」と言う理由もここにあります。

マイホーム計画の成功には、あらかじめ基本的な知識が必要なのです。

営業さん、私は手強いよ
なんたって、これから数千万円の買い物をするんだから。

これくらいの気迫を持てるようになれば理想です。
基本を学んでからモデルハウスに行けば、営業さんが何を言っているのか、そして担当者のレベルもわかります。

そして、勉強ツールとしておすすめするのは、

の2つで、最低でもどちらか1つをクリアするだけでも、マイホームの成功率はぐっと上がります。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口」は説明が丁寧で初心者でもわかりやすいので本当に素晴らしいと思います。とくに、各ハウスメーカー「それぞれの良さ」を伝えてくれるのが重要なポイント。自社に決めてほしいどこかの営業さんのセールストークとはここが違います。

タウンライフ 家づくり」をおすすめする理由は、資料やカタログと同時に、各メーカーの見積もりも届くからです。

ハウスメーカーや工務店は驚くほどたくさんあります。
しかし、マイホームに割ける時間と予算には限りがあります。

「同じ大きさの家を建てるのに、こっちは1000万円、あっちは3000万円。え!?なにが違うの?」

そこにはちゃんと理由があり、しっかり比較すればじつは明確なのです。

それが可能なのが「タウンライフ 家づくり」。

目標は最低でも3社。3社も比較・勉強すれば、いろんなことがみえてきます。

カタログ・資料は、無料で手に入る最高の教科書です。加えて複数のメーカーに同時に請求することで、競争させ、営業さんに「本気」になってもらってください。

基本となる知識を持っている「本気のあなた」「本気の営業さん」のタッグ。
これがマイホーム成功への鉄則です。私もお手伝いさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう!

ようやくまとまってきたマイホームの間取り。

ふとトイレの位置を確認すると、家相の大前提として避けるべき鬼門にあることに気づき慌てて練り直した苦い思い出。

みなさんには同じ思いをして欲しくないのでまとめておきます。

マンション、建売住宅、注文住宅にかかわらず、マイホーム購入計画が進み、いよいよ間取りを決定していくタイミングで情報収集をしていると、ちらほらと目に入ってくる「家相」という文字。

【家相には根拠があった】見方を理解し、間取りに採用する簡単な方法

「手相や人相などのように、統計学に基づいた占いのようなものか…」

と家相を気にせず間取りを決めると「快適で健康的ではないマイホーム」に住むことになるかもしれません。

なぜなら家相は「信じるか信じないかはあなた次第」と言ったような単なる迷信や占いではなく、先人たちの経験と知恵が盛り込まれた根拠に基づいた住宅建築の教訓だからです。

今回は、そんな家相について「吉相」「凶相」の一覧、そして最後に簡単に間取りに家相を取り入れる方法を紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

→家相を取り入れた間取りプランを作ってもらえるタウンライフ家づくり

スポンサーリンク

家相とは?

家相とは?

そもそも家相とは、

干支、五行説、八卦と中国占術を掛け合わせ、方位の吉凶を知る「九星気学」の教えと、

土地の地脈や地勢など気の流れを物の位置で制御する思想「風水」を合わせた占術です。

  • 「トイレ」はこの方角を避ける
  • 「玄関」はこの方角が吉相

など、主に各間取りについて方位別に吉と凶を判断します。

占術といっても、たんなる統計学だけでなく、「日本の気候風土の中で快適に暮らすために、先人たちの経験と知恵の結晶の開運学」として言い伝えられてきたものです。

四季がある日本だからこそ、日本独自に発達したものなのです。

スポンサーリンク

家相の基本「鬼門」とは?

家相の基本となる考え方は「鬼門」です。一度は耳にしたことがあるかと思います。

北東の「表鬼門」と、その対角である南西を「裏鬼門」とし、この方角を不吉なものと捉えています。

家相の基本「鬼門」とは?

 

具体的に鬼門は、家の中心からみて「鬼門線」である北東45度と南西45度の範囲とされています。

そして、この方角には水まわりや火気を扱う「トイレ」「キッチン」「お風呂」を設置することを避けるべきだ、などとされてきました。

スポンサーリンク

家相には根拠があった

家相は、なんとなくこの方角は「不気味だから」「不吉だから」と決められたわけではなく、そこには根拠や理論、理屈があるのです。

家相には根拠があった

例えば、北東の表鬼門のトイレが凶相だという理由には、

  • 冬は北風が吹いて寒い
  • 匂いが北風にのって部屋の中に入り込む

よって、不衛生・不健康になるため避けるべきだという根拠があります。

また、南西の裏鬼門のキッチンが凶相だという理由には、

  • 日中の光、西日も当たり食品が悪くなる

よって、それを食べる家族は不健康になるため避けるべきだという根拠があります。

このように、単純に忌み嫌われた方角を避けているわけではなく、先人たちの失敗や根拠に基づいた、家づくりの基本そのものが「家相」なのです。

→家相を取り入れた間取りプランを作ってもらえるタウンライフ家づくり

スポンサーリンク

家相一覧「吉相・凶相」根拠と見方

「家相は大事」とはいえ、間取りに家相を全て取り入れるのは困難で、気にし過ぎはせっかくの夢のマイホーム作りを滞らせる原因にもなります。

ですから「家相」は、最低限のポイントをおさえ「7割程度を取り入れる」くらいの感覚で十分です。

家相の「吉相」「凶相」を家の部屋ごとに一覧にしましたので間取りづくりにお役立ていただければと思います。

家相の見方ポイント

家相の見方は、目的別の部屋が家の中心からどの方角にあるかをチェックしていきます。

家相の方位表

 

上記イラストのように、家相では

  • 東西南北の方位
  • 鬼門と裏鬼門
  • 南北の「正中線」
  • 東西の「四隅線」

がおもな方位のポイントとなります。

玄関の家相「吉相・凶相」根拠と見方

良いものも悪いものも、様々な運気が入ってくる玄関は、できれば家相を取り入れたいポイントです。

玄関の家相「吉相・凶相」根拠と見方

玄関の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位

東、南東、南、北西

玄関の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 鬼門と裏鬼門、そして北は凶相なので避ける
  • 正中線・四隅線が玄関の開閉する部分にあたると凶
  • 西の玄関は凶相ではないが、浪費傾向が出てくる
  • 東南に位置した玄関は外交的
  • 南方位は仕事運が強くなる

リビングの家相「吉相・凶相」根拠と見方

1日の疲れを癒したり、家族とのコミュニケーションをとるのが目的のリビングも確認します。

リビングの家相「吉相・凶相」根拠と見方

リビングの家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位特にないが、強いて挙げるならば南東方向
リビングの家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 凶相となる方位はないので自由に配置
  • 正中線・四隅線上に暖房(火気)機器は置かない
  • 日当たり・風通しから「太陽」や「木」の精気が得られるため、南東、南向きがおすすめ

キッチン・台所の家相「吉相・凶相」根拠と見方

三所(北東・中央・南西)と、三備(玄関・台所・トイレ)は特に注意が必要と言われますから、キッチンはぜひ家相を参考にしたいポイントです。

キッチン・台所の家相「吉相・凶相」根拠と見方

キッチン・台所の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位南東、東、北西
キッチン・台所の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 鬼門、裏鬼門と西を避けるのが基本
  • 西、南西は衰退した退気エネルギーが差し込み食材が悪くなる
  • 北は凶相ではないにせよ半吉
  • 南東は家庭内の運気も安定しこの家に居住する家族も健康的になるベストな方位
  • 宅心エリアも避ける

お風呂・浴室の家相「吉相・凶相」根拠と見方

キッチン同様、お風呂も家相では重要度の高いポイントです。

お風呂・浴室の家相「吉相・凶相」根拠と見方

お風呂・浴室の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位東、南東、北西
お風呂・浴室の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 鬼門と、北を避けるのが大前提
  • 正中線・四隅線が火気にかからないようにする
  • 浴槽に水を貯めたままにする場合はとくに鬼門が凶相になる

水洗トイレの家相「吉相・凶相」根拠と見方

三備(玄関・台所・トイレ)の1つであるトイレも家相を参考に配置しましょう。特にトイレは、凶相エリアが多いので注意が必要です。

水洗トイレの家相「吉相・凶相」根拠と見方

水洗トイレの家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位東、南東、北西
水洗トイレの家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 避けるべきは鬼門と北の方位を避ける
  • 正中線・四隅線上への配置も避ける
  • 東と西のエリアは理想的な方位と言える
  • トイレの外部近辺に池があるのは大凶相
  • 複層階に設置する場合、神仏の上にトイレがあるのは凶相

寝室の家相「吉相・凶相」根拠と見方

寝室の家相「吉相・凶相」根拠と見方

寝室の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位どの方角も良しとされるが、とくに北西が良い
寝室の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 基本、どの方位でも吉相
  • これまで注意していた鬼門でも問題なし
  • 北は夫婦の結びつきが良くなる
  • 中でも北西は夫婦円満の大吉相
  • 西は落ち着き、休息に向いている
  • 南西は主婦に良い方位
  • 東は生命力が溢れる

子供部屋の家相「吉相・凶相」根拠と見方

子供部屋の家相「吉相・凶相」根拠と見方

子供部屋の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位凶相はないとされるが、南西の方角は注意。東が大吉相の方位
子供部屋の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 東が大吉相の方位。太陽の昇る方位は決断力・判断力・素直・健康に期待ができる
  • 南東は太陽と風の力で、協調性・従順性・健康に期待ができる
  • 冷気を持つ北は、冷静、集中に向き、勉強に向いている
  • 鬼門は避けるのが良い

廊下の家相「吉相・凶相」根拠と見方

廊下の家相「吉相・凶相」根拠と見方

廊下の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位方位は関係なし
廊下の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 部屋を廊下で囲うのは凶相
  • 上の図のような、家を端から端場で分断する廊下は家族トラブル(親子断絶、嫁姑問題)につながる

神棚の家相「吉相・凶相」根拠と見方

神棚は、どちらの方向を向かせるかがチェックポイントになります。

神棚の家相「吉相・凶相」根拠と見方

神棚の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位東、南東、南
神棚の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 東、南東、南の方向が吉相
  • 鬼門は避ける
  • 正中線や四隅線にかかっても問題なし
  • 神棚が一階にある場合、上層階は廊下やトイレを避ける

階段の家相「吉相・凶相」根拠と見方

実は家相を取り入れる際に難しいのは階段です。

というのも、階段はどの方位に配置しても吉相にはならないからです。ですから、せめて凶相を避ける程度しか方法がありません。

階段の家相「吉相・凶相」根拠と見方

階段の家相「吉相・凶相」根拠と見方
吉方位 
階段の家相「吉相・凶相」根拠と見方
根拠と見方
  • 家の中心や、内壁にそって設置するのはあまりよくない
  • 南は頭に、南西は主婦の健康に、西は家庭の和に悪いなどあり配置が難しいポイント
  • 北、東、北東で、かつ四隅15度を避けた場所への配置が無難

→家相を取り入れた間取りプランを作ってもらえるタウンライフ家づくり

スポンサーリンク

家相は「張り」「欠け」もチェック!

家相には、方角の他にも「張り」「欠け」に対する考え方もあります。

家相の「張り」「欠け」イメージ

建物にはデザインや土地の形状の都合で凹凸ができる場合があります。家相では一般にこの出っ張りを「張り」、引っ込みを「欠け」と呼び、さらに

  • 張り=吉相
  • 欠け=凶相

とされます。

「張り」は、建物の1/3以上が出っ張った形、「欠け」は建物の1/3以上が凹んだ形です。

建築では、あまりに複雑な凹凸だと構造強度不足になるという根拠から、古来より「欠け」は凶相とされてきました。

最近は建築技術が進歩し、安全性や耐震性を保ちつつ、様々なデザインの住宅を建てられるようになりましたが、配慮したいポイントです。

スポンサーリンク

家相を取り入れた間取りを簡単に作る方法

家相を取り入れた間取りを簡単に作る方法

ここまで家相について紹介してまいりましたが、実は家相にはさらに奥深さがあり、

  • 方位に主人の生まれ星があったら凶相
  • 主婦と長女の十二支生まれ星方位を避ける

など、調べだすとキリがない上に、一般人には理解するのも困難なのが正直なところです。

ところが、簡単に家相を取り入れた間取りプランを作ってもらえるタウンライフ家づくりというサイトがあるのです。

  • 「家相・風水」を取り入れた間取りプランを提案
  • 間取りプランは大手ハウスメーカーなど「複数社からもらえるので一括比較」できる
  • その間取りで家を建てた場合の「費用見積もり」も同時にもらえる

これだけのことをしてもらえて、料金は「無料」です。

マイホームは大きな買い物なのでメーカーも必死なのです。

正直このくらいのことは無料でやってもらえて当然の時代ですから、せっかくのサービスを遠慮なく活用しましょう↓

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました